Blog JP
アジャイル変革 アジャイルコーチング リーダーシップ

スクラムとカンバン:あなたのチームにはどちらのアジャイルフレームワークが適しているか?

アジャイルフレームワークを選択する際には、多くの選択肢があります。最もよく知られ、広く使用されているフレームワークには、Scrum、Kanban、Lean、XP、Crystalなどがあります。これらのフレームワークはすべて共通のアジャイル原則と価値を共有していますが、最も人気のある2つはScrumとKanbanです。ScrumはScrum AllianceやScrum.orgのような組織によって強く推奨され、多くの業界で人気を博しています。一方、Kanbanはしばしば誤解され十分に活用されていないものの、Kanbanボードを持つことにとどまらない独自の原則を持っています。実際、Kanbanボードを持つことは氷山の一角に過ぎず、ワークフローを視覚化し、継続的な改善を実装し、進行中の作業を制限し、サイクルタイムを追跡することも必要です。
これらのフレームワークは、一般に万能ではなく、チームのユニークな状況に合わせて調整する必要があります。チームはしばしば、ScrumチームのためにKanbanの側面を借りたり、その逆も行います。では、チームにとってどのフレームワークが適切な選択かをどのように決定しますか?この投稿では、ScrumとKanbanの選択時に考慮すべき要因について説明します。

##1 あなたのチームにとって反復は意味がありますか?

ScrumとKanbanの選択時に考慮すべき主要な要因の一つは、チームがどれだけ反復を必要とするかです。Scrumは、各スプリントの終わりに潜在的に出荷可能な製品の増分を提供するという考え方を中心に設計されており、通常は2週間から4週間続きます。このアプローチは、定期的に新しい機能、製品バージョン、または顧客に実験を提供する必要があるチームにとって理想的かもしれません。しかし、反復の人工的な構造が自分たちの仕事と合致しないと感じるチームもあります。例えば、継続的統合と展開に取り組んでいるチームは、スプリントが長すぎると感じ、より短いサイクルで働いた方が良いと感じるかもしれません。一方で、複雑な新製品を発売するチームは、スプリントが短すぎると感じ、より柔軟なアプローチであるKanbanから恩恵を受けるかもしれません。

##2 比較的高い予測可能性がありますか?

ScrumとKanbanの選択時に考慮すべき別の要因は、予測可能性です。チームがどれだけ先を見て仕事を予測し、計画することができますか?Scrumでは、スプリントの長さは変わることがありますが、比較的短い長さ(1週間)であっても、このスプリントと次のスプリントで何をするかについてある程度の確実性が必要です。Scrumは、他のアジャイルフレームワークと同様に、途中で計画を調整し、変更に対応することができます。しかし、計画の50%以上が常に変更される場合、おそらくスプリントの計画に時間を浪費しており、継続的なバックログの優先順位付けに切り替える必要があります。対照的に、Kanbanでは、チームはバックログから優先順位の高いアイテムを選び出すだけなので、スプリントからどの項目を削除するかについての議論をする必要はありません。製品開発チームは通常、何に取り組むかを決定できるため、予測可能性が高くなりがちですが、カスタマーサポートのような反応的なチームは、ほとんどの作業量を事前に計画することができず、定期的に計画を調整する必要があります。

##3 仕事がどの程度頻繁に中断されますか?

ScrumとKanbanの選択時に考慮すべき別の重要な要素は、チームの仕事がどの程度頻繁に中断されるかです。利害関係者や顧客は、すぐに対処する必要があり、チームの優先順位を変更する必要がある新しい緊急のタスクを持ち込むことがよくありますか?これは予測可能な結果を提供するチームの能力に大きく影響を及ぼす可能性があります。Scrumでは、チームはスプリント内で一連の作業を提供することを約束し、そのスプリント中に入ってくる新しい作業は、すでに約束された作業と比較して評価されなければなりません。これにより、スプリントが中断され、チームがその約束を果たす能力に影響を与える可能性があります。一方、Kanbanは、チームが新しいリクエストを迅速に優先順位付けし、作業を調整して新しい要求に対応できるように設計されています。これにより、チームは仕事の流れを維持し、より予測可能に結果を提供できます。したがって、チームが緊急の要求で頻繁に中断される場合、Kanbanがより良い選択となる可能性があります。

##4 チームは引継ぎを扱いますか?

ScrumとKanbanの選択時に考慮すべき別の要因は、チームがどの程度頻繁に引継ぎを経験するかです。理想的な世界では、必要に応じて誰もがあらゆる種類の作業を実行でき、チームメンバーがさまざまなユーザーストーリーに協力できる、自己組織化された機能横断型チームが存在します。しかし、実際には、引継ぎが発生します。たとえば、エンジニアが自分の作業をQAチームメンバーに引き継ぐ必要があるかもしれませんし、設計チームが新しいマーケティング資料をマーケティングチームに送るかもしれません。このような場合、引継ぎはワークフローのボトルネックを生み出す可能性があります。Scrumでは、チーム間の引継ぎがスムーズに行われるように、チームが時々自分たちのスケジュールを人為的に調整する必要があります。対照的に、Kanbanはこのような場合に通常より適しています。なぜなら、それはボトルネックをより明確に可視化し、継続的な改善を保証し、作業プロセスを中断しないからです。

##5 定期的なセレモニーをスケジュールに組み込むことができますか?

ScrumとKanbanの選択時に考慮すべき別の要因は、定期的なセレモニーをスケジュールに組み込むことができるかどうかです。Scrumには多くのミーティングが必要で、例えばデイリースタンドアップ、スプリントプランニング、スプリントレビュー、レトロスペクティブなどが定期的に同じ時間に行われる必要があります。これらのミーティングは、全員の意見を一致させ、チームが継続的に改善することを保証するために重要です。しかし、チームメンバーが他の義務を負っていて頻繁にミーティングをスキップする場合、それはScrumチームにとって問題を引き起こし、その効果を損なう可能性があります。
Kanbanでは、計画、振り返り、ある種の製品レビューも必要ですが、それについてはもっと柔軟であり、チームにとって意味のあることであればなんでも行うことができます。チームはこれらのセレモニーをスケジュールと空き状況に基づいていつ行うかを決定できます。これは、他の約束があるメンバーや異なるタイムゾーンで働くチームにとって有益です。

##6 結局のところ、チームは何をしたいですか?

個人の好みもScrumとKanbanの選択時に考慮すべき重要な要因です。一部のチームメンバーは過去にScrumで苦い経験をしており、フレームワークがチームのワークフローに有益な場合でも、再び採用することをためらうかもしれません。一方で、一部のチームメンバーは、Scrumが毎回のスプリントで新しいスタートをもたらし、定期的に成功を祝うことを楽しんでいるかもしれません。同様に、一部のチームメンバーは、Kanbanの際限なく単調な性質を嫌うかもしれませんが、他の人々はより柔軟で適応可能なアプローチを評価するかもしれません。最終的に、どのフレームワークを採用するかを決定する際には、個人の好みを考慮することが重要です。なぜなら、チームメンバーは、個々の好みと強みに合った方法で働くときに、より積極的に取り組み、生産性を高めることができるからです。
結論として、ScrumとKanbanの選択には、いくつかの要因を慎重に検討する必要があります。各フレームワークにはそれぞれの強みと弱みがあり、あるチームに最適なものが別のチームには適さない場合があります。必要な予測可能性のレベル、中断の頻度、引き継ぎの必要性、定期的なセレモニーをスケジュールに組み込む能力、個人的な好みなど、チームのニーズと状況を評価することが重要です。最終的には、フレームワークを組み合わせたり、独自のハイブリッドアプローチを作成することを恐れないでください。最も重要なことは、顧客に価値を提供するためにプロセスを継続的に改善し最適化することです。あなたの旅路での幸運を祈ります!