Blog JP

作業見積もりを行うことの 6 つのメリット

以前の投稿では、時間ベースの見積もりが不十分な理由を詳しく説明し (時間ベースの推定が機能しない 6 つの理由)、見積もりのための優れたツールとしてストーリーポイントの使用を支持し (ストーリーポイントを解き明かす:今すぐ使うべき5つの理由 )、チーム内でそれらの使用を開始する方法について説明しました( ストーリーポイント101:始めるためのガイド )。しかし、そもそもなぜ見積もりを重視するのでしょうか?また、チームにこの慣行の導入をどのように奨励するのでしょうか?今日は、アジャイルにおける作業見積もりの​​紛れもない利点を詳しく掘り下げてみましょう。

メリット #1: 重要な議論のきっかけとなる

見積もりは、タスクに値を割り当てるだけではありません。チーム内の重要な議論を促す触媒として機能します。チームが集まってタスクを見積もると、作業の範囲、考えられる実装戦略、全体的な実現可能性について自然に会話が進みます。この協力的なアプローチにより、全員が同じ認識を持ち、洞察を共有し、当面のタスクについての集団的な理解に貢献します。誰もが安心して意見を共有できる価値があると感じる環境を醸成することが重要です。見積りに投票アプローチを利用することでこれが促進され、年功序列に関わらず、各チームメンバーが自分の考えや意見を率直に発言できるようになり、議論が充実し、より正確で情報に基づいた見積りに貢献します。これにより、見積もりプロセスが強化されるだけでなく、チームの結束と目的意識と方向性の共有も促進されます。

メリット #2: サイロを打破する

チームがサイロで運営され、全員が自分のタスクに没頭していると、集団の成功が妨げられます。見積もりは、これらのサイロを解体し、協力的な環境を促進するための強力なツールとして機能します。見積もりの​​ためにチームが集まると、メンバーが個別のタスクに取り組んでいる場合でも、作業の共有、説明、質問への回答が促進されます。最初は、特に不慣れなタスクを見積もる場合には、これが不自然に見えるかもしれません。ただし、チームメンバーはお互いの仕事を理解し、深く関与する必要があります。この相互理解とコミュニケーションにより、有意義な質問、建設的なフィードバック、洞察の共有、支援の申し出が生まれます。これは、より協力的で成功するユニットに向けてチームの成長を促進し、堅牢で効果的なチームを確立するための最初のステップを示します。

利点 #3: リソースの割り当てをガイドする

アジャイルの目的は、単に全員を集中させることだけではありません。それは、ビジネスと顧客の両方の成果を最適化することです。作業見積もりを実践しないと、それに伴う作業量を実際に理解せずに、重要と思われるタスクでスケジュールを過負荷にしてしまう傾向があります。
ストーリー ポイントを探索する際に前述したように、人間は本質的に、特に大規模なタスクの場合、作業を正確に見積もることに苦労します。アジャイル見積もりは完璧を求めるものではなく、作業量のサイズについての一般的な理解を得ることが目的であり、非現実的なタスクの蓄積につながる過度に楽観的な計画を防ぐのに役立ちます。
見積もりは現実性のチェックとして機能し、作業量のより実践的な理解と計画を可能にします。それは、より戦略的なリソースの割り当てを支援し、タスクが利用可能なリソースと適切に連携するようにし、チームの取り組みの全体的な効率と成果を向上させます。

利点 #4: 優先順位付けの強化

アジャイルでは優先順位付けが不可欠であり、世の中にはさまざまな優先順位付けフレームワークがたくさんあります。これについては私が以前に詳しく説明しました (「アジャイル優先順位付けマスター: トップ 4 テクニックを学ぼう!」)。多くの優先順位付けフレームワークは、基本的に、顧客またはビジネスに提供される価値、およびタスクを完了するために必要な努力または作業という、いくつかの重要な基準に基づいています。
次の点を考慮してください。To Do リストには 2 つの項目があり、どちらも顧客に同じ価値を提供します。ただし、1 つのタスク (項目 A とします) はかなり重要で、もう 1 つのタスク (項目 B) に比べて 3 倍の労力が必要です。最初に取り組むのはどれですか?
見積もりを実践すると、項目 B (より小さなタスク) から始めることができるようになります。なぜでしょうか?これにより、より迅速な提供が可能になり、顧客に即座に価値をもたらし、より早くフィードバックを収集できるようになるからです。この最初のフィードバックは、アイテムAを完成させるためのアプローチに影響を与え、改善する可能性があります。逆に、最初に大きなタスクに着手すると、顧客は価値を得るまでの待ち時間が長くなり、貴重なフィードバックの受け取りも遅れます。優先順位付けプロセスが簡素化され、価値が迅速に提供され、改善が継続的に統合されることが保証されます。

利点 #5: チームの速度を理解して計画を改善する

アジャイルにおけるチームの速度は、特定の期間内にチームが完了した作業の尺度であり、通常はストーリーポイントで表されます。これは、工数などの従来のプロジェクト管理指標とは異なります。たとえば、5 人チームの能力が 1 週間あたり 200 人時間であると言う代わりに、アジャイルでは、チームが 1 週間あたりどれだけのストーリーポイントを達成できるかを考慮することができます。
この指標は計画と予測に役立ち、チームがより大きなタスクやプロジェクトを完了するのに必要な時間を予測できるようになります。ただし、チームの速度を尺度として利用する場合は注意が必要です。
チームに速度を継続的に高めるよう圧力をかけるなど、速度を誤って使用すると、過労、燃え尽き症候群、さらには見積もりの​​操作などの予期せぬ結果につながる可能性があります。たとえば、作業項目の見積もりを 5 ストーリーポイントから 20 ストーリーポイントに増やすと、人為的に速度が向上しますが、実際の進行状況は反映されません。速度のみに基づいてチームを比較することにも問題があります。チームによってベースラインや推定方法が異なる可能性があり、フラストレーションや誤った競争につながる可能性があるからです。
速度は作業を理解して計画するための貴重なツールですが、単なる数値的な成果ではなく、実際の進歩と有意義な結果に焦点を当て続けるために慎重に使用する必要があることに注意してください。

利点 #6: 依存関係を効果的に管理する

依存関係の管理は、プロジェクト計画における優先順位付けとリソース管理と交差する重要な側面です。特に、チームが他のチームと緊密に連携している場合、またはプロジェクトが外部ベンダーに依存している場合、タイムリーな納品を確保し、障害を防ぐために、少なくとも大まかな見積もりを作成することが重要です。
見積もりは依存関係の管理において極めて重要な役割を果たしますが、製品チームのニーズに合わせたロードマップ、タイムライン、マイルストーンマッピングなどのより広範な計画ツールによって補完される必要があります。ただし、注意してください。詳細なスケジュール設定は正確さへの道のように見えるかもしれませんが、作業の見積もりには固有の予測不可能性と不正確さがあり、予期せぬ課題が発生する可能性があるため時間の無駄につながることがよくあります。
バランスを目指してください。過剰な仕様や継続的な調整によって行き詰まることなく、依存関係を効果的にナビゲートするのに十分な詳細レベルのスケジュールを設定するよう努めます。このアプローチにより、よりスムーズで適応性の高いプロジェクトフローが促進され、チームが俊敏性と先見性を持って依存関係に対処できるようになります。
アジャイルでの見積もりには多くの利点があり、チームがさまざまな課題に取り組むのに役立ちます。その主な利点は、単に厳格な期限を設定するのではなく、仕事、その規模、重要性についての共通の理解を生み出すことです。チームに見積もりを導入する場合は、単に要件にするのではなく、その価値と目的を説明し、なぜそれが役立つのかを全員が理解できるようにすることが重要です。こうすることで、チームはアジャイルプロセスの有用なツールとして見積もりを使用することにうまく適応できるようになります。