Blog JP

OKR への取り組みを開始するための 6 つのステップ

OKR (目標と主要な結果) は組織の連携を促進し、部門間の製品提供を促進し、依存関係を効果的に管理するための強力なツールとして人気が高まっています。 OKR の概念は比較的単純ですが、初めて実装する場合には課題が生じる可能性があります。今日は組織に初めて OKR を導入する際に役立つ最善な実例を紹介します。

1 顧客を知る

顧客を正確に特定することから、OKR の世界への旅を始めましょう。このステップではサービスを提供している相手、つまり顧客を理解することが重要です。外部クライアントであっても内部チームであっても、効果的な OKR を作成するには、対象ユーザーを定義することが最も重要です。
一部のチームは内部プロセスの最適化や同僚のためのツールの作成に重点を置いているかもしれませんが、最終的には常に特定のユーザーに価値を提供する必要があります。対象の顧客を完全に明確にすることが、意味のある OKR を作成するための基礎となります。したがって、次のステップに進む前に、自分の努力が誰に利益をもたらすのかを正確に理解することに時間を投資してください。この基本的な手順により、OKR が確実に的を射るようになります。

2 ビジョンを作成する

顧客が明確に見えるようになったら、組織のビジョンを鮮明に描きましょう。このビジョンステートメントは単なる言葉以上のものでなければなりません。あなたの目的、独自の価値、願望を要約する必要があります。あなたの旅を導く導きの星として考えてください。
組織のビジョンは、次の重要な質問に対処する必要があります。
  1. あなたは誰のニーズに応えていますか?
  2. どのような価値を提供していますか?
  3. あなたを際立たせるものは何ですか?
飢餓の撲滅やプラスチック汚染との闘いなど、壮大な野望を自由にビジョンに組み込んでください。それはあなたの組織だけでなく、組織内のすべてのチームにもインスピレーションを与えるはずです。各チームのビジョンは、包括的なミッションにどのように貢献するか、またチームがもたらす価値について詳しく説明する必要があります。
このプロセスは効果的な OKR への道を開くだけでなく、チームが日々のタスクに優先順位を付け、目標への集中力を維持し、モチベーションを維持できるようにします。これは、OKR がしっかりと立つための基盤です。

3 目標を立てる

さあ、創造力を発揮して、潜在的な目標をたくさん生み出しましょう。この投稿では主に OKR の定義の仕組みについて説明していますが、チームと組織レベルの調整については、別の日に広範な議論を行います。
この段階では、遠慮せずに大きく先見の明を持って考えてください。壮大なビジョンに近づくことを目的とした多数のアイデアを生み出します。大胆かつ自由奔放な発想を心がけて下さい。まだ時間枠を気にする必要はありません。また、実現可能性に過度に固執しないでください。 「改善する」、「増やす」、「構築する」、「作成する」などの動作の動詞を取り入れましょう。収益目標ではなく、顧客の成果にしっかりと焦点を当て続けてください。唯一の譲れない条件は、OKR が全体的なビジョンと調和して一致している必要があることです。このステップでは大きな夢を持ち、限界を押し上げることが重要です。

4 目標を絞り込む

アイデアの宝庫が蓄積されたので、次はそれらを具体的な OKR のセットに絞り込みます。この段階では、次の 2 つの重要な質問を考慮する必要があります。
1.	どの目標が私たちの顧客に最大の価値を提供するでしょうか?
2.	どの目標が私たちの包括的なビジョンの実現に近づけるでしょうか?
このプロセス中にOKR のアイデアを書き直したり、組み合わせたり、分解したりしていることがあります。ここでの目標は、あなたのアイデアをあなたのビジネスにとって最も重要であると考える 3 ~ 5 つの焦点を絞った一連の目標に絞り込むことです。
この時点では、目標は大胆かつ定量化できないものにしてください。それらは成功を測る指標としてではなく、正しい方向を示す標識として機能します。その役割は主要成果が担います。 「顧客満足度 80% を達成する」などの具体的な目標ではなく、「顧客満足度を向上させる」などのより広範な目標を選択します。
目標は、ある期間 (四半期など) から別の期間に引き継ぐことができますが、以前の目標に向かって前進するにつれて主要な結果は進化し、より野心的なものになることに注意してください。このステップでは、戦略的な方向性を明確に設定します。

5 主要な結果を作る

今度は具体的で定量化可能で期限付きの主要な結果を定義することで、目標に具体的な内容を与えます。目標ごとに、成功とはどのようなものかについて複数のアイデアをブレインストーミングします。あなたの目標が「市場でナンバー 1 になること」だとしましょう。主な結果には、売上高、ブランド認知指標、収益マイルストーン、顧客獲得数などが含まれます。
この段階では、具体的な数値目標の設定に囚われないでください。あなたの目的は、進捗状況と成功を測定するための基準となる、目標ごとに 3 ~ 5 つの重要な結果を特定することです。基本的な概念を理解することが重要です。目標は最終的な目標を表し、主要な結果はその成功の尺度にすぎません。
「ある尺度が目標になると、それは良い尺度ではなくなる」というグッドハートの法則を常に念頭に置いてください。したがって、最終的なターゲット (目的) に常に焦点を合わせながら、目標を達成する軌道に乗っているかどうかを判断する方法を単純に定義します。これにより、目標が真北に保たれ、努力が導き出されます。

6 主要成果を磨く

次に、主要な結果に目標数値を割り当てて、OKR に最後の仕上げを加えます。これを効果的に行うには、データを収集し、現在の指標をしっかりと理解する必要があります。このステップは、四半期、半年、または 1 年など選択した計画期間内で目標が挑戦的であると同時に達成可能であることを確認するために重要です。
主要な結果目標を設定するときは、野心と実現可能性のバランスをとってください。目標の 70% に達すれば成功とみなされますが、100% に到達するのはストレッチゴールであると考えてください。主要な結果を定量的かつ具体的に保ちます。たとえば、「NPS スコアを向上させる」と宣言するのではなく、「NPS スコアを 78% に向上させる」ことを目標にします。
場合によっては、主要な結果が 2 値になり、それらが達成されたかどうかについて明確な「はい」または「いいえ」の答えが得られることがあります。たとえば、「Web サイトの起動」はバイナリの主要成果です。重要な点は、主要な結果によってOKR を満たしているかどうかを簡単に評価できるようにする必要があるということです。
目標が野心的すぎて四半期内に達成できないと判断した場合は、目標をそのまま維持し、主要な結果を複数の四半期にわたって調整することを検討してください。目標をマイルストーンに分割すると、より大きな目標への集中力が失われる可能性があります。したがって、目標を大胆かつ実質的に保ち、組織を大きな成果に向けて推進することを忘れないでください。
OKR についての説明を終えるにあたり、OKR は単純な概念ではありますが、実装が必ずしも簡単ではないことを思い出してください。 OKR を成功させる鍵は、顧客、顧客に提供する価値、そしてビジネスにとって本当に重要なものにしっかりと焦点を当て続けることにあります。
OKR を大胆かつ客観的に保ち、すべての活動が組織の包括的なビジョンと一致していることを確認します。そうすることで、効果的な OKR の準備が整うだけでなく、チームが有意義な目標と主要な結果に向かって団結して作業できるようになり、組織の成功と成長を促進できます。
アジャイル手法 目標設定 ビジネスの機敏性 ツール プロダクトオーナー