Blog JP
アジャイルコーチング ツール 生産性

すべてのアジャイルコーチに不可欠な7つのツール

アジャイルが様々な業界で普及し続けにつれて、アジャイルコーチの役割はますます重要になっています。アジャイルコーチは、チームや組織をアジャイルの採用と改善に向けて導く役割を担っています。この役割は多様なスキルセットを要求され、特に重要なのが、コーチングプロセスを支援する様々なツールを使いこなすことです。このブログでは、アジャイルコーチがマスターすべき不可欠な7つのツールカテゴリーを探ります。各カテゴリー内の多くのツールは類似の機能を持っているため、一つのツールを習得すれば、新しいツールを学ぶのは容易になります

##1 ホワイトボード

チームとの議論やブレインストーミングセッションを促進する際、ホワイトボードツールはアジャイルコーチにとって不可欠です。多くのチームが分散してリモートで働いているため、物理的なホワイトボードの体験を再現できるオンラインのホワイトボーディングツールが必須です。このカテゴリーで私の選択ツールはMiroです。Miroは速くて多様性に富んだツールで、幅広いテンプレートを提供し、どんな種類のワークショップやトレーニングも促進できます。Miroには優れたコラボレーション機能があり、リアルタイムの共同作業をサポートしており、リモートチームに最適です。しかし、もし代替案を探している場合は、LucidchartGoogle JamboardMuraliObeyaも検討できます。

##2 ウェブ会議ツール

ウェブ会議もアジャイルコーチがマスターすべき重要なツールカテゴリーです。カメラとマイクをオンにして会議に参加するだけのように思えるかもしれませんが、会話やワークショップを効果的に進める際には、もっと多くのことが必要となってきます。ウェブ会議に私が選ぶツールはZoomです。Zoomのブレイクアウトルーム、ホワイトボード、投票、画面注釈、アンケートなどの機能を会議、トレーニング、ワークショップで積極的に使用しています。Zoomの主な利点の一つは、サードパーティアプリとの統合が可能で、異なるツール間でのスムーズなコラボレーションを実現することです。MiroやSlackとのZoomの統合は、複数のプラットフォームで作業する必要があるアジャイルコーチにとって理想的な選択肢です。代替案を探している場合は、Google MeetMicrosoft TeamsCisco WebexSkypeも検討できます。

##3 プロジェクト管理ツール

プロジェクト管理ツールは、アジャイルコーチがマスターすべき重要なカテゴリーです。アジャイルコーチがプロジェクトマネージャーである必要はないかもしれませんが、チームがワークフローを整理し、バックログを効果的に追跡するのを助ける必要があります。特に役立つと思われるツールの一つはJiraです。Jiraは多様で、様々なタイプのプロジェクトやチームに適しています。さらに、一部の組織では、ウォーターフォールとアジャイルのプロジェクトを一か所で追跡する能力が必要であり、Jiraはこれに優れています。Jiraについてもっと学びたい場合は、私たちのオンラインコース「Jiraエッセンシャル」と「Jiraアドバンス」をチェックしてください。Jiraがあなたやあなたのチームに適していない場合、AsanaMondayAzure DevOpsなどの代替手段を検討できます。

##4 タスク管理ツール

タスク管理に関しては、特に小規模なチームやプロジェクトの場合、軽量なシステムだけが必要なことがあります。そこでTrelloが登場します。Trelloは非常にシンプルでありながら、高度にカスタマイズ可能なタスク管理ツールで、カンバンスタイルのボードを使用してタスクとワークフローを整理します。アジャイルコーチはTrelloを使用して迅速にボードを設定し、タスクを追加し、"To Do"、"In Progress"、"Done"などの異なるステータスを通じて移動させることができます。またTrelloはチェックリスト、添付ファイル、期限の追加、カスタムラベル、パワーアップ、自動化の作成など、さまざまな機能を提供します。さらに、Google DriveSlackZapierなどの多様なサードパーティアプリと統合することで、アジャイルコーチのツールキットとして多目的に使えるツールになります。Trelloの代替品にはClickUpTodoistAirtableがありますが、Trelloのシンプルさと柔軟性は、アジャイルコーチやチームに人気です。

##5 チームコミュニケーション

アジャイルコーチとして、効果的なコミュニケーションは仕事の最も重要な側面の一つです。協力を促進し、生産的な議論を促すためには、信頼できるコミュニケーションツールが不可欠です。メールや他の仕事用チャットは簡単に圧倒され、無秩序になりがちですが、Slackのようなツールはより効率的で構造化されたアプローチを提供します。Slackでは、チームはチャンネルやトピック別に会話を整理できるため、重要な議論を把握し、無関係な情報をフィルタリングするのが簡単です。さらに、Slackにはダイレクトメッセージ、ビデオ通話、他のツールとの統合などの便利な機能があります。これらの機能はアジャイルコーチが異なるチーム間のコミュニケーションを促進し、全員が同じページにいることを確実にするのに役立ちます。Slackが私の好みのツールですが、代替品にはMicrosoft TeamsGoogle ChatDiscordがあります。

##6 ドキュメント管理

ドキュメント管理は、アジャイルコーチの役割の重要な側面です。チームが効果的に協力し、知識を共有するのを助けるためには、ドキュメント管理のベストプラクティスを確立することが不可欠です。しかし、会社のシステムを深く理解せずに情報共有を整理するのは難しいかもしれません。
ドキュメンテーション管理に私が特にお勧めするツールはConfluenceです。Confluenceは、階層的にページを整理し、リンクを作成し、ファイルを添付し、すべてをJiraと統合できるwiki風のサイトを作成できる強力なツールです。これは、アジャイルプロセスを文書化し、会議の議事録を追跡し、プロジェクトのドキュメントで共同作業するのに最適な方法です。さらに、Confluenceの検索機能は、多くのドキュメントを持つ大規模な組織で特に役立ち、情報を迅速に見つけることができます。
Confluenceが私の好みのドキュメンテーション管理ツールですが、BoxGoogle DriveMicrosoft SharePointなど他にも選択肢があります。

##7 可視化

アジャイルコーチは、組織のためにワークショップ、トレーニングセッション、セミナーを指導することがよくあります。
結論として、アジャイルコーチとして、役割を効果的に果たすためには適応し、迅速に学ぶ準備が必要です。あなたとあなたのチームがより効率的に作業するのを助けるために利用できる多くの異なるツールがありますが、各組織には独自のニーズと要件があります。それぞれのカテゴリーで少なくとも一つのツールをマスターし、チームに導入する前に無料トライアルを利用して各ツールを知ることが重要です。適切なツールと適切な考え方があれば、チームが成功し、目標を達成するのを支援することができます。幸運を祈ります!