Blog JP
ツール 生産性 ビジネスの機敏性

Jira:究極のプロジェクト管理ツールである11の理由

Jiraは、チームが仕事を計画し、追跡し、管理するのを支援するAtlassianによって開発されたプロジェクト管理ツールです。ソフトウェア開発チームがアジャイルプロジェクトを管理するために広く使用されていますが、マーケティングキャンペーン、イベント計画、HRプロセスなど、他の種類のプロジェクトにも使用できます。Jiraはその柔軟性、カスタマイズオプション、使いやすさで知られており、あらゆる規模や業界のチームにとって人気の選択肢となっています。
では、Jiraが他のプロジェクト管理ツールよりも特別で、ますます多くの組織がJiraを選ぶ理由は何でしょうか。

##1 汎用性

Jiraの汎用性は、他のプロジェクト管理ツールより際立っている理由の一つです。高度にカスタマイズ可能な機能を備えており、ユーザーは事前に設定されたテンプレートから始めたり、独自のワークフロー、課題タイプ、フィールドなどを開発したりすることができます。これにより、チームはJiraを特定のニーズに合わせて調整し、堅苦しいフレームワークに合わせるのではなく、それを自分たちのために機能させることができます。さらに、Jiraはサードパーティのツールやアプリを統合することができ、作業をさらに効率的で合理的にするエコシステムを構築することができます。

##2 スクラム + カンバン

Jiraが特別なもう一つの理由は、スクラムチームとカンバンチームの両方のニーズに対応していることです。スクラムチームはJiraを使用してバックログを管理し、スプリントを計画し、自動バーンダウンチャートを確認することができます。彼らはまた、スプリント目標を設定し、進捗を追跡することができます。一方、カンバンチームは、Jiraを使用してワークフローを可視化し、作業進行中の制限を設定し、バックログを効果的に管理できます。両方のタイプのチームは、バックログビューと作業進行中ビュー間で切り替えることができ、効果的なバックログ管理を可能にします。Jiraを使用すると、チームは好みのアジャイルフレームワークを簡単に採用し、それに従うことができます。

##3 ウォーターフォール(必要なら)

Jiraのもう一つの特徴は、人気のあるアジャイル機能に加えて、古典的なウォーターフォール型のプロジェクト管理のためのツールを提供していることです。Jiraを使用すると、ユーザーはガントチャートのようなロードマップを作成し、タスクを完了するために必要な時間を見積もり、進捗を追跡できます。これにより、あらゆるタイプのプロジェクト管理アプローチに対して汎用的なツールとなっています。つまりアジャイルアプローチは多くの利点を提供し、さまざまな業界でますます人気が高まっています。アジャイルについてもっと学びたい場合は、オンラインコース「アジャイル基礎」をチェックしてください。

##4 ボードとダッシュボード

Jiraが無制限にボードとダッシュボードを作成できることも、プロジェクト管理において人気の理由の一つです。Jira内の課題は、スクラムであろうとカンバンであろうとボードにグループ化されます。誰でも新しいボードを作成し、好みに基づいて課題をグループ化できます。これにより、一か所で複数のプロジェクトやチームを管理することが容易になります。さらに、ユーザーは課題に関する特定の統計を表示する機能を備えたダッシュボードを作成できます。これにより、進捗を容易に追跡し、全員が同じ見解を保つのに役立ちます。

##5 課題の順位

課題の順位はJiraを他のプロジェクト管理ツールとは一線を画す特別な機能です。Jiraでは、すべての課題が互いにランク付けされているため、ボード上のある課題の優先度を変更すると、それが他の場所でも自動的に変更されます。これにより、異なるボードやプロジェクト間で課題を管理し、優先順位をつけることが容易になります。やり方は簡単で、課題をボード上の適切な場所にドラッグアンドドロップするだけです。この機能を使用することで、チームは優先順位をすばやく調整し、作業の先頭に立つことができます。

##6 可視性と通知

進捗状況はボードや自動生成されたチャートとグラフで見ることができ、チームのニーズに合わせてカスタマイズできます。またJiraは、作業中の課題が更新されたときにチームメンバーに通知を送信します。さらに、ユーザーは課題の「ウォッチャー」として登録して更新時に通知を受け取ることができます。この機能は、複数のプロジェクトの最新情報を常に把握する必要があるマネージャーにとって特に便利です。チームは日々の作業更新のためにボードを使用し、リーダーシップ更新のために自動更新されるダッシュボードを使用することで、ExcelやPowerPointの必要性をなくします

##7 ワークフロー:簡単なものから複雑なものまで

Jiraは、簡単なものから複雑なものまで、ニーズに合ったワークフローを作成する柔軟性をユーザーに提供します。ワークフローは「to do - in progress - done」ほど簡単なものから、数十のステップを含むものまで様々です。また、トリガーや前提条件を設定したり、アクションを特定の役割に限定したりすることもできます。例えば、人事ワークフローでは人事マネージャーのみが候補者へのオファーを承認できるようにすることができます。さらに、各ステップで表示される画面をカスタマイズし、ユーザーに追加情報の入力を促すことができます。これにより、各チームやプロジェクトのニーズに特化したワークフローを簡単に作成できます。

##8 権限とユーザー管理

Jiraの権限とユーザー管理オプションを使用すると、プロジェクトに基づいて誰が課題を閲覧、コメント、編集できるかを制御できます。ユーザーはグループを通じて管理することができるため、マーケティンググループの全員が、マーケティング関連のプロジェクトや課題が作成されると自動的にアクセスできるようになります。Jiraでは、特定のアクションを特定の役割に制限する役割を作成することもできます。例えば、スプリントを開始できるのはプロダクトオーナーのみです。これらのオプションを使用すると、チームは簡単にアクセスを制御し、許可されたユーザーだけが機密情報にアクセスできるようにすることができます。

##9 自動化

Jiraは、すべての子課題が閉じられたときに親課題を閉じるなど、ユーザーが選択できる多くのビルドイン自動化オプションを提供します。さらに、Jiraはコーディングなしで新しい自動化を無制限に作成するオプションを提供します。自動化ルールは人間の言語を使用して設定されるため、ユーザーは複雑な自動化ワークフローを簡単に作成でき、プロセスの合理化とヒューマンエラーのリスクの軽減に役立ちます。

##10 サードパーティツールやアプリとの統合

Jiraはサードパーティツールとアプリとの大量の統合を提供し、ユーザーが一か所でワークフローを管理できるようにします。ソフトウェア開発チームの場合、Jiraは開発ツールと統合し、Jira課題を通して開発ステータスを追跡できます。さらに、Jira は Slack のような一般的なコミュニケーションツールや、その他多種多様なサードパーティアプリと統合します。Jiraには大規模なアプリストアがあり、ユーザーは経験を強化したり、すでに業務で使用しているツールに接続したりするために、多種多様なアプリを閲覧して選択することができます。

##11 価格設定

Jira は様々なチームや組織のニーズと予算に合うように、様々な価格オプションを提供しています。10ユーザーまでの小規模チーム向けの無料版と、さらに多くの機能と能力を備えた大規模チームや組織向けの有料版があります。有料プランはユーザー数に応じて設定され、1ユーザー月額7ドルから、年間サブスクリプションには割引が適用されます。また、Jiraは新規ユーザーが有料プランのにコミットする前にプラットフォームをテストできる無料トライアルを提供しています。
結論として、Jiraはあらゆる規模や業界のチームに幅広い機能を提供する汎用性の高いカスタマイズ可能なプロジェクト管理ツールです。アジャイルフレームワーク、古典的なウォーターフォールプロジェクト管理、無制限のボードとダッシュボード、課題の順位、ワークフロー、ユーザー管理、自動化、サードパーティとの統合をサポートすることで、Jiraはすべてのプロジェクト管理ニーズに適用する包括的なソリューションを提供します。Jira を使い始めたばかりの方でも、次のレベルまでスキルを上げたい方でも、オンラインコース「Jiraエッセンシャル」と「Jiraアドバンス」は、この強力なツールを最大限に活用するのに役立ちます。Jira をお試しいただき、チームをより効率的かつ効果的にするあらゆる方法を発見していただけることを期待しています!