Blog JP
アジャイルコーチング リーダーシップ ビジネスの機敏性 プロダクトオーナー

成功するプロダクトオーナーの 7 つの秘密

プロダクトオーナーの役割は簡単なものではありません。彼らは多くの役割を果たし、対人コミュニケーション、分析、創造性、自制心、交渉といった多様なスキルを発揮する必要があります。さらに、製品領域を非常によく理解し、業界のすべての技術的側面を把握する必要があります。私はキャリアを通じて多くのプロダクトオーナーを訓練し、コーチングしてきましたが、組織、チーム、製品の種類は関係ないと言えます。プロダクトオーナーがダイヤモンドのように輝くためにはいくつかの核となるスキルと行動が必要ですが、多くの才能ある プロダクトオーナー を惨めに失敗させるアンチパターンも数多くあります。この記事では、良いプロダクトオーナーを素晴らしいものにする特性と行動、および彼らの成功を妨げる可能性のあるいくつかのアンチパターンを共有したいと思います。

1. プロのように優先順位をつけること

それは何ですか:
プロダクトオーナーの主なツールは、すべてのユーザーストーリー、アイデア、タスク、リクエストが収集されるバックログです。一部のバックログには、承認基準を備えた美しいユーザー ストーリーが含まれていますが、他のバックログはそれほど優れておらず、機能リクエストだけで満たされています。 バックログの質については別の議論のテーマですが、私は、チームに少なくとも何かのバックログがある限り、彼らは何かに取り組んでおり、絶望的ではないと信じています。
プロダクトオーナーは、できる限り頻繁にバックログ(未処理事項)に優先順位を付け、何が最初で何が次に来るかを常に明確にする必要があります。 とはいえ、私たちが気にするのはバックログの最上位のみなので、そのすべてを整理しようとしないでください。最下位に到達するまでに優先順位は何百回も変わります。そのため、時間を無駄にしないでください。
アンチパターン:
・1 つのチームに 2 つ以上のバックログがあること(チームが 2 つ以上の製品をサポートしている場合でも、次に取り組むべき重要な作業が何であるかを全員が把握できるように、チームごとに常に 1 つのバックログがある必要があります)
・バックログは形式的なものであること(またはまったく存在しません) - PO は人々に次に何に取り組むべきかを伝えるだけです
・PO には「優先度 #1」のアイテムのリストがあり、すべてが超緊急であること
・PO はチームに優先順位について指示を与えず、何を採用するかをチームに決定させること

2. リーダーとして見られるチームメンバー

それは何ですか:
これは実際には非常に難しいことです。通常、プロダクトオーナーはチームのマネージャーやリーダーではありません(そしてそうあるべきではありません!)。彼らはチームメンバーですが、多くの場合、ビジョンや優先順位に関する重要な決定をすることが期待されます。もしプロダクトオーナーがチームの非公式なリーダーでなければ、チームメンバーは彼らに従いません。そのため、リーダーシップスキルを発展させ、正式な権限がなくてもリーダーである方法を学ぶことが非常に重要です。
アンチパターン:
・プロダクトオーナーがチームに何をすべきかを指示し、チームの意見を聞かない独裁者であること
・プロダクトオーナー は製品に関する重要な決定をすべてチームに任せており、製品の成功に対して責任を負わないこと
・チーム内には会話を推進する非公式のリーダーがもう 1 人いること

3. サイロを壊し、橋を築くこと

それは何ですか:
プロダクトオーナーは素晴らしいコミュニケーターであり、人々とつながり、人々を互いにつなげる必要があります。チーム内では、協力と協調を確保する必要があるためチームがサイロで働いている場合、それを解決するのはプロダクトオーナーの役割です。賢いプロダクトオーナーはまた、組織外のリーダー、他のチーム、関係者ともネットワークを築きます。CFOの承認、マーケティングチームのサポート、製品を特集した記事が必要になるかもしれませんので、事前にこれらの橋を築き、つながりを維持してください。私は社内政治を嫌っていますのでそれに関与することをお勧めしませんが、関係者全体に広がるネットワークを持つことは決して悪いことではないと思います。
アンチパターン:
・プロダクトオーナーが仕事を人に割り当て、仕事の範囲についてチームで議論しないことでサイロ化を促進すること
・プロダクトオーナーが組織内の他の人々と公然の対立や政治的駆け引きに参加すること
・プロダクトオーナーがチーム内で対立を引き起こしたり助長したりすること

4. 製品の真のCEOであること

それは何ですか:
プロダクト オーナーは製品の CEO であるとよく言われますが、これはプロダクト オーナーがビジョンと優先事項に関する最終意思決定者であり、目標を設定し、それらの目標を達成する責任も負うことを意味します。CEOはマネージャーに何をすべきかを言われるのを待つのではなく、取締役会や関係者に自分の仕事の結果を提示します。良いCEOは、インスピレーションがあり、自信があり、先見の明があり、達成感が高い人です。彼らは企業の価値観を実践し、顧客満足度を重視し、高いビジネス成果を達成しようと努力します。プロダクトオーナーはミニCEOであり、同じ資質と行動を共有します。
アンチパターン:
・プロダクトオーナーが自分が行うすべてのことについて承認を求め、マネージャーが目標を設定するのを待つこと
・プロダクトオーナーがステークホルダーの要求にノーとは言えず、すべての人を喜ばせようとすること
・プロダクトオーナーがチームのパフォーマンスや製品の成果に対して責任を負わないこと

5. 自分の「赤ちゃん」が醜いと聞いても大丈夫であること

それは何ですか:
優れたプロダクトオーナーは通常、分析力と創造性の両方を兼ね備えた人です。 彼らはデータを見て製品のパフォーマンスを理解し、顧客の行動を分析し、傾向を特定します。 同時に、多くの場合、創造的な解決策を考え出し、これまで誰もやったことのないことに挑戦する必要があります。 新しいアイデアが大当たりすることもあれば、製品を台無しにしてしまうこともあります。 アジャイルチームは多くのプロトタイピング、ユーザーテスト、顧客検証を行い、アイデアが機能するかどうか、または終了させるべきかを早い段階で理解します。キャリアを通じて、プロダクトオーナーは何度も自分のアイデアがひどいと言われることがあり、それを受け入れる必要があります。 ちなみに、ひどいアイデアを美しくスマートなものに作り直すことはよくあるので、すべての悪いアイデアが消えるわけではありません。 しかし、自分の赤ちゃんが醜いということを聞くのは簡単ではありません。それを認め、教訓を学び、前に進むことができるのが優れたプロダクトオーナーです。
アンチパターン:
・プロダクトオーナーにより、顧客からの否定的なフィードバックやユーザー テストの結果にもかかわらず、チームは疑わしい製品 (または機能) の開発を継続するよう促されること
・プロダクトオーナーがフィードバックを求めず、仮説を検証しようともせず、自分たちが正しいと信じているだけのこと

6. 重要なことを測定し、点をつなぐこと

それは何ですか:
他の多くのことの中で、プロダクトオーナーはとりわけ優れた分析者でもあります。彼らは顧客の行動を理解し、トレンドを見て、A/Bテストを実施し、一般的に多くのデータで作業する必要があります。プロダクトオーナーがデータサイエンティストであることが期待されているわけではありませんが、統計学、確率論、科学的方法論の堅実な理解を持っている必要があります。しかし、さらに重要なことは、プロダクトオーナーが測定可能な目標を設定し、結果を分析し、データに基づいて行動可能な意思決定をする能力を持っていることが必要です。
アンチパターン:
・プロダクトオーナーがデータを見ず、直感に従って製品の優先順位を決定すること
・プロダクトオーナーが主要な統計概念 (統計的有意性、信頼区間など) を理解していないこと
・プロダクトオーナーがデータが収集および分析された後に、実験の成功の定義について決定を下すこと (つまり、実験を実行する前に仮説を立てず、実験終了後に 2 番目の推測を行います)。

7. 顧客を知ること

それは何ですか:
最後に、プロダクトオーナーは顧客についてすべてを理解し、チームと話すときに顧客を体現する必要があります。これは当たり前のことのように感じられるかもしれませんが、想像よりもしばしば見落とされます。まず、プロダクトオーナーは自分たちの顧客が誰であるかを明確に理解する必要があり、二つ目に、彼らに共感し、チームに彼らを代表しながら、顧客から自分を切り離すことができる必要があります。もしあなたが都市部に住む28歳の男性であれば、郊外に住む2人の子供を持つ37歳の母親とは、ニーズや好みが大きく異なります。しかし、それでも、あなたは彼女の頭の中に入り込み、しばらく彼女になりきって、彼女が何が好きなのか、何が嫌いなのか、そして朝食に何を食べるのかを深く理解する必要があります。 これには、多くの調査、インタビュー、観察、顧客ペルソナの演習が必要です。
アンチパターン:
・プロダクトオーナーが顧客調査を行わず、顧客の直感 (「個人的にはこの色の方が好きだ」) に頼ること
・プロダクトオーナーが顧客についてすべてを知っていますが、チームが知らないこと (そして、プロダクトオーナー自身だけでなく顧客についても確実に理解していることを確認するのが PO の仕事です)
このリストはまだ完全ではありません - ここまでにユーザーストーリー、計画、プレゼンテーションスキルについては触れられていません。しかし、上記のリストは基本を網羅しています。これらを正しく行えば、残りの部分はより簡単に、そして自然に進むでしょう。このリストを出発点として扱い、基本をマスターしたら、学び続けて進歩してください - 可能性は無限です。