Blog JP

Jira-初心者向け: 作業を楽にする 7 つのトリック

最近新しい会社に入社したり、新しいチームに参加したりして、Jira に圧倒されていると感じても、心配しないでください。最初は何もかもが意味不明に感じるのは普通のことで、あなたはイライラしたり怒りを感じたりしているかもしれません。しかし、Jiraを完全に諦める前に、あなたの作業を楽にするためにできることがいくつかあります。まず、初見でJiraが複雑に見えるかもしれませんが、実際にはいくつかのシンプルな原則に基づいて構築されていることを覚えておいてください。これらの原則を理解すれば、Jiraをより簡単に操作し、ボードと課題を管理することができます。Jiraは多くのカスタマイズオプションが用意されていますが、ほとんどの会社ではカスタマイズを最小限に抑えた基本セットアップを使用しています。したがって、基本を把握すれば、うまくいくでしょう。

##1 階層を学ぶ

Jiraの階層を理解することは、プラットフォームを使いこなすための鍵です。Jiraインスタンス(メインサイト)と個々のプロジェクトという明確な階層がJiraにはあります。通常、各プロジェクトはチームまたは特定の製品/プロジェクトを表します。Jiraを始める前に、どのプロジェクトを使用する必要があるかを決定するために時間を取ってください。プロジェクトは、「Sending Man to Moon」のような名前と、いくつかの文字で構成されるキーによって識別されます。プロジェクト内で作成された各問題には、「SMM-23 - Build a spaceship」のようにプロジェクトキーと番号を含む一意の識別子がついています。
プロジェクト内には、いくつかの問題タイプが存在します。最も一般的なものはエピック、ストーリー、タスク、バグ、そしてサブタスクです。エピックは、関連する課題をまとめて、全体の進捗を追跡できるようにする親課題タイプです。これは大きな製品機能、マイルストーン、または分割する必要のある複雑な作業に理想的です。Jira管理者の設定に基づいて変わる可能性のあるストーリー、バグ、タスク、および他の課題タイプは、エピックの下にまとめられ、さらにサブタスクに分割されます。ほとんどのプロジェクトでは、エピック、その他の全て、そしてサブタスクの3つの階層レベルがあります。

##2 ボードをブックマークする

Jiraの最も便利な機能の一つはボードで、事前設定されたパラメータに基づいて課題のコレクションを表示します。ボードは、単一のプロジェクトのすべての課題を表示することも、共有ラベル(またはボードのフィルタで定義された他のパラメータ)に基づいて複数のプロジェクトからの課題を表示することもできます。Jiraにはチームが使用するフレームワークに応じて、スクラムとカンバンの2種類のボードがあります。チームは通常、特定のプロジェクトの下にまとめられた1つのボードのみを使用します。しかし、特にチームに複数のプロジェクトがある場合、自分のボードを見つけるのは難しいかもしれません。時間とストレスを節約するために、自分が毎日使用するボードをブックマークしてください。そうすれば、毎回複数のプロジェクトをクリックすることなく、簡単にボードにアクセスできます。適切なボードを見つけることは、Jiraで最も困難なタスクの一つになり得るので、それに時間を費やさないようにしましょう。

##3 高度な問題検索を実践する

高度な問題検索はJiraの最もクールな機能の一つですが、初心者にとっては圧倒されるかもしれません。しかし、一度にすべてを学ぶ必要はありません。例えば、「assignee="あなたの名前"」と検索バーに入力して、自分に割り当てられたすべての課題を検索するなど、シンプルなことから始めてください。これにより、自分に割り当てられた問題のみを表示するフィルターが作成されます。これは素晴らしいスタートです。さらに検索を絞り込むには、ANDやproject="プロジェクト名"などの演算子や関数を追加してみてください。これにより、特定のプロジェクトに属する、自分に割り当てられたすべての課題を表示することができます。
Jiraフィルターを練習することで、より複雑なシナリオに基づいて課題を検索する能力を徐々に拡大できます。あなたに割り当てられた課題、特定のステータスにある課題、あなたの即時の注意を必要とする課題を常に見つけることができます。高度な課題検索を習得するには時間がかかるかもしれませんが、一度習得すれば、Jiraでの作業管理において強力なツールになります。

##4 自分のボードやダッシュボードを作成する

自分のボードやダッシュボードを作成することは、しばしば見過ごされがちなJiraの強力な機能です。これにより、あなたにとって最も重要な課題を表示するようにカスタマイズされたビューを作成できます。ボードやダッシュボードを必要なだけ多く作成でき、組織内の他のユーザーには影響を与えません。あなたの個人的なダッシュボードを自分のスペースの下に保持することもできるので、他の誰もアクセスできないようにすることもできます。
この機能の利点は、個人のボードやダッシュボードに独自のフィルターを設定できることです。そうすることで、あなただけに属する課題を追跡し、決して見失うことがなくなります。さらに、あなたの仕事にのみ関連する課題の進捗を簡単に監視できます。全ての課題がボードに表示されるように適切に割り当てられていることを確認してください。全体として、この機能によりワークフローが大幅に改善され、作業を順調に進めることができます。

##5 ラベルを使用する

Jiraには、問題の分類、優先順位付け、管理に役立ついくつかのツールがあり、ラベルはその中でも特に有用です。ラベルを作成するのは簡単です。問題の「ラベル」フィールドにカーソルを置き、追加したいラベルを入力し始めます。タイピングすると、既存のラベルが提案として表示されますが、完全に新しいラベルを追加することもできます。たとえば、あなたが会社で唯一の弁護士であり、Jira内の自分の注意を必要とする問題を見逃したくない場合は、該当する問題に遭遇したときに「legal」というラベルを追加します。大規模な組織で数千の既存のラベルがある場合は、チームがどのラベルを使用しているか、またあなたにとってどのラベルが適切かをチームに確認するのことをお勧めします。一般的に、ラベルを追加してもチームに問題を引き起こしたり、問題が発生したりすることはありません。

##6 ボードをランク順に整理する

Jiraでは、問題をドラッグアンドドロップすることで簡単に優先順位をつけ、ボード上の順序を変更できます。ただし、この機能が機能させるためには、ボードフィルターに「ORDER BY Rank ASC(またはDESC)」コードを含める必要があります。Jiraボードの使用に慣れたら、ボード設定をチェックして、このコードがフィルターに含まれていることを確認し、スムーズな優先順位付けを可能にします。一つのボードで問題の順序を変更すると、その問題が表示される他のすべてのボードでも順序が変わります。この機能を使用すると、最も重要な問題を常にリストの先頭に保つことができ、仕事の優先順位を容易に管理できます

##7 一括変更を行う

Jiraの一括変更機能は、複数の課題を同時に更新できる強力なツールです。Jiraの高度な検索に慣れたら、特定の基準に基づいて課題をフィルタリングし、変更したい課題を選択して一括アクションを適用できます。たとえば、課題を別のプロジェクトに移動したり、ステータスを変更したり、担当者、ラベル、コンポーネントなどの属性を変更したりすることができます。ただし一括変更を使用する際には、複数の課題に影響を与えるため、注意が必要です。変更を加える前に、正しい課題を選択していること、そして加えた変更が他のチームメンバーやプロセスに影響を与えないことを確認してください。また、一部の変更は特定のステータス、プロジェクト、課題タイプに制限されている場合があることに注意してください。これらの注意点を念頭に置きながら、一括変更を使用すると、各課題を個別に更新する必要性を避け、多くの時間と労力を節約できます。
Jiraは初めは圧倒されるかもしれない非常に強力なツールですが、少しの練習で、プロジェクトを効率的に管理する上で最も近い味方になり得ます。ワークフローを合理化し、退屈なタスクを自動化することで、Jiraはあなたの貴重な時間を節約し、生産性を向上させることができます。Jira を初めて使用する場合、またはスキルを次のレベルに引き上げたい場合、私たちのJira Essentialsコースが初心者向けに特別に設計されており、基本をすぐにマスターするのに役立ちます。
生産性 ツール アジャイル手法