Blog JP

アジャイルなバックログ管理: 成功のための 6 つのプロのヒント

アジャイルの動的な世界では、バックログはチームにとって極めて重要なツールとして機能し、チームが絶えず変化する要件に適切に対処し、顧客価値の提供を最適化できるように導きます。ただし、バックログの真の力はその細心の注意を払って維持することにあります。単に優先順位を付けるだけではなく、各項目の品質と関連性を維持することです。
この投稿では、バックログを最高の状態に保つための最善例について詳しく説明します。ユーザーストーリーはアジャイル チームでよく使用されますが、バックログにはエピック、タスク、スパイク、バグなどが含まれる場合もあります。わかりやすくするために、これらすべての要素を「バックログ項目」と呼びます。バックログ管理スキルを向上させる準備はできていますか?早速始めましょう!

1. 項目をテーマごとにグループ化する

バックログを健全に保つには、共通のテーマに基づいて作業項目を視覚的にグループ化することが不可欠です。これは多くの場合、ユーザーストーリーやタスクなどの小さなバックログアイテムを統合する大きなバックログアイテムであるエピックを通じて行われます。これらのエピックは、「簡体字中国語インターフェイスの導入」や「ロンドンにフラグシップストアをオープンする」などの新しい事業など、重要な顧客の価値観や機能を表しています。これらは、さまざまなテーマに従って作品を分類するのに役立ちます。 Jira などのツールは組み込みのエピック機能がある一方で、Trello などの他のツールはこの目的でラベルを使用します。
チームが複数の大規模プロジェクトに取り組んでいる場合、バックログを個別に分けるというアイデアが魅力的に見えるかもしれません。ただしバックログの本質は、チームの優先順位についての統一されたビューを提供することです。したがって、異なるテーマやプロジェクトを区別する明確な視覚的手がかりを持つ一つのバックログがチームごとに常に存在するべきです。このアプローチにより、優先順位が明確かつ一貫したものになり、効果的な管理と実行が可能になります。

2. バックログの先頭のみに注目する

バックログ管理に関しては、すべての項目を完璧な状態に保つために常に注意を払う必要があるという誤解がよくあります。ただし、この概念はアジャイルの中核となる哲学に反しています。アジャイルは柔軟性についてであり、最後の責任を持つ瞬間まで決定を下すことについてです。これは、ビジョン、目標、ロードマップの全体像を把握することが重要である一方で、より詳細な詳細や具体的な作業順序は、作業を開始するときにのみ決定する必要があることを意味します。
バックログの一番下にある優先順位の低い項目を整理して完成させることは、多くの場合無駄です。それらに取り組む準備が整うまでに、その関連性が薄れ、修正や追加の作業が必要になる可能性があります。代わりに最優先事項にエネルギーを集中してください。今後 2 ~ 4 週間分のタスクを良好な状態に保ち、正しく順序付けてください。バックログの下端は、その時が来るまで、少々乱雑で曖昧なままにしておくことができますし、そうすべきです。このアプローチにより、アジャイルのダイナミックな性質に合わせて、チームの取り組みが最も重要かつ差し迫ったものに集中することが保証されます。

3. 見積り作業

以前のブログ投稿で「見積もり」タグ (リンク) で強調したように、見積もりはアジャイル バックログ管理において極めて重要な役割を果たします。これは作業範囲を絞り込み、チーム内での共通理解を促進するための鍵となります。見積もりの​​プロセスは、バックログを形成し、冗長なタスクを特定し、顧客の価値と必要な労力の両方に合わせて作業項目を調整するのに役立ちます。
アジャイル見積もりは正確な工数を特定したり、詳細なガントチャートを作成したりすることではないことをチームに伝えることが重要です。その代わりに、仕事の見積もりには本質的な不確実性があり、柔軟性が必要であることを認めています。主な目的は、厳格なマイルストーンを達成することではなく、顧客とビジネスの価値を最大化することです。見積もりは不正確ではありますが、範囲の誤解を明らかにし、作業に効果的に優先順位を付ける上で貴重なツールです。

4. 優先順位付けフレームワークを一貫して適用する

以前のブログ投稿 (リンク) では、さまざまな優先順位付けフレームワークを検討しました。重要なのは、どの特定のフレームワークを選択するかではなく、むしろ選択したフレームワークを一貫して適用することが重要です。直感だけに頼るだけでは十分ではありません。
優先順位付けにおける課題は多くの場合、顧客価値の評価にありますが、顧客価値は本質的に主観的であり、定量化することが困難です。労力は比較的正確に見積もることができますが、顧客への影響を評価するには、より微妙なアプローチが必要です。ここで、しっかりとした優先順位付けのフレームワークが非常に重要になります。このプロセスに体系的な手法を導入し、意思決定の一貫性を確保します。あなたとあなたのチームの共感を呼ぶフレームワークを選択し、それを遵守してバックログ管理の明確さと方向性を維持します。

5. 上のみを優先する

バックログの優先順位付けに関する時間を節約するコツは次のとおりです。アイテムを下に移動せずに、上のみに優先順位を付けます。通常、優先順位を付けるときは、リストの項目を上下に入れ替えたり、場合によっては完全に削除したりします。このプロセスを効率化するには、項目を上に移動することだけに焦点を当てます。
バックログを A ~ Z というラベルが付いた項目のリストとしてイメージしてください。各項目を評価するときは、重要度の低いタスク (「B」や「C」など) をリストの下に移動するのではなく、そのままにしておきます。より重要な項目に遭遇した場合は、単にそれを「B」と「C」の上に移動し、プロセス全体にわたってこの上向きの動きを続けます。この方法では、各項目を 1 回だけ評価するので、時間が大幅に節約され、意思決定が簡素化されます。

6. テンプレートを使用する

効果的なバックログ管理のために、テンプレートを組み込むことは、多くのアジャイル チームが採用している良い実例です。受け入れ基準 (正しい実装で期待される結果を説明するシナリオ)、準備完了の定義 (項目が開発の準備が完全に整っていることを確認するチェックリスト)、完了の定義 (タスクのすべての側面が完了し、「完了」とマークできることを確認するチェックリスト)は非常に便利です。これらのツールすべてが必須というわけではありませんが、各作業項目に一定レベルの一貫性と徹底性をもたらします。
特に同様の種類の作業の場合は、テンプレートの使用を検討してください。これはチェックリスト、一連の要件、またはチームのニーズに合った形式などです。 Jira、Trello、Monday、Asana などのほとんどのアジャイル ツールは、テンプレートを作成したり課題をコピーしたりする機能を提供しており、クローン元の「マスターアイテム」を作成できます。これにより、時間が節約されるだけでなく、タスク間の均一性も確保されます。
ただし、シンプルさを維持することが重要です。目的は、不必要な複雑さや官僚主義を加えずにプロセスを合理化し、標準化することです。適切なバランスにより、ワークフローが効率的かつ明確に保たれます。
バックログの管理と整理は最初は困難に思えるかもしれませんが、適切な方法を実践すれば実際には簡単で楽しいものですらあります。効果的なツールが豊富にあることは確かに役立ちますが、鍵となるのは一貫性です。独自の最善な方法を確立し、それを遵守し、その有効性を定期的に見直します。必要に応じてプロセスを微調整することを受け入れてください。このアプローチはバックログを良好な状態に保つだけでなく、チームのニーズに合わせて進化することを保証し、アジャイルの取り組みにおいて不可欠かつダイナミックな要素となります。
ビジネスの機敏性 生産性 アジャイル手法 ツール プロダクトオーナー