Blog JP
アジャイル変革 リーダーシップ ビジネスの機敏性 アジャイルコーチング

アジャイル変革の成功を測る: 5つの重要な指標

アジャイル変革を進めることは、どの企業にとっても大きな決断であり、時間、リソース、人材へのかなりの投資を必要とします。どんな大きなビジネスイニシアティブでもそうであるように、変革が期待される利益をもたらしているかを確かめるために進捗を追跡し、成功を測定することが不可欠です。しかし、アジャイル変革の目標は単にアジャイルになること自体ではなく、特定の問題を解決し、企業がそのビジネス成果を達成するのを支援することにあるべきです。アジャイル変革は即時の成功や収益の伸びを保証するものではなく、プロセス自体が一時的に成果を下げる可能性があることに注意することが重要です。この投稿では、アジャイル変革の成功を測定する5つのアプローチを、成功の主要な尺度として成果に焦点を当てながら探っていきます。

##1 ビジネス成果

アジャイル変革の成功を測定するには、アウトプットとアウトカムの違いを明確に理解することが必要です。アウトプットはアジャイルチームによる作業の具体的な成果で、コード、ドキュメント、テストケースなどが含まれます。これらのアウトプットは成果を達成するために必要ですが、それ自体が成功を保証するものではありません。一方で、アウトカムはアウトプットによって生み出される最終的なビジネス価値です。例えば、新機能を提供することはアウトプットかもしれませんが、アウトカムはその機能がもたらす顧客満足度の向上と収益の増加です。
アジャイル変革を始める前に、会社の戦略目標と整合した成果目標を設定することが重要です。これらの目標は、具体的で測定可能で達成可能で関連性があり、期限がある(SMART)ものであるべきです。例えば、会社が市場シェアを増加させることを目指している場合、SMART目標は、顧客のニーズに合致した高品質な製品やサービスを提供することによって、次の2年間で市場シェアを10%増加させることかもしれません。
また、アジャイル変革は即効性のある解決策ではなく、大きな成果を得られるまでに時間がかかることを覚えておくことが重要です。一般的に、全てのチームメンバーが訓練を受け、協力して働き、価値を提供することができる完全に機能するアジャイルチームを確立するまでには、約8-12週間かかります。その後、チームが定期的にビジネス価値を提供し始めるまでには、3から12ヶ月かかる場合があります。しかし、その期間は会社の製品の複雑さ、組織の規模、業界の競争力によって異なる場合があります。

##2 OKRs

近年、OKR(目標と主要成果)は人気を集めています。OKRは、目標(企業が達成したい主要なビジネス成果)と、主要結果(それらの目標に向けての進捗を示すアウトプット、KPI、またはサポートするビジネス成果)との関係を追跡するフレームワークです。たとえば、企業は顧客満足度を10%向上させることを目標に設定し、ネットプロモータースコア、顧客維持率、製品評価といった主要結果を追跡するとします。
主要結果を追跡することは、チームはビジネス目標を達成しているかどうかを判断するのに役立ちます。望ましい成果を達成するのに長い時間がかかるかもしれませんが、定期的に主要結果を追跡することで、成功の早期指標を提供したり、戦略の調整が必要かどうかを示すことができます。
OKRは、全体の会社から個々のチームまで、組織内のさまざまなレベルで設定できます。これらは年間を通じて設定され、その後、四半期ごとやさらには月ごとの目標に分割されることがあります。このアプローチにより、ビジネス成果を達成するためのより詳細な焦点を提供し、チームが会社の全体的な戦略的目標との整合性を保つことができます。
組織によっては、進捗を追跡し、アジャイル手法が望ましい結果をもたらしていることを確認するために、アジャイル変革のための特定のOKRを設定しています。たとえば、ある企業は、製品納品の速度を上げるという目標を設定し、サイクルタイム、リードタイム、および欠陥率の主要な結果を追跡するかもしれません。

##3 市場投入までの速度

ビジネス成果に焦点を当てることは、アジャイル変革の成功を測定する上で不可欠ですが、短期的にはアウトプットの指標も追跡することが重要です。しかし、正しい指標を選択することが鍵となります。Velocity測定基準(チームが特定の期間にどれだけの作業を生産するか)は慎重に使用するべきであり、アジャイルの目的は「より多くの作業をする」または「作業をより速く行う」ことではありません。アジャイルはチームが賢く働き、正しい目標に焦点を当て、顧客を喜ばせ、無駄を減らすのを助けることを目指しています。
アウトプットの指標を追跡する必要がある場合は、市場投入までの速度またはサイクルタイム(ソフトウェアチームの場合)を測定することを検討してください。市場投入までの速度とは、初期のアイデアから製品を棚に並べるまで、またはコードが本番環境にが本番環境に投入されるまでの時間を指します。この指標は製品やコードが良いものであるかどうかを教えてくれるものではありませんが、物事をより効率的に行っているかどうかを教えてくれます。この指標を追跡することで、チームが顧客に価値をより迅速に、より少ない無駄で提供していることを確認でき、最終的にはより良いビジネス成果をもたらしていることを確認することができます。

##4 チームの健全性

アジャイル変革中にチームの健全性を追跡することは重要な支援指標です。それ自体は目標ではありませんが、正しい方向に進んでいるかどうかを理解するのに役立ちます。チームの健全性を測定するには、アジャイル変革前にベースラインを確立することが重要です。アンケートを使って、変革の前、変革中、変革後の各チームの健康状態をスキャンすることができます。Agile Apothecaryでは、これに役立つ無料のTeam Barometerツールを提供しています。
アジャイル変革がうまくいけば、チームの健全性の改善が見られるはずです。しかし、チームはしばしばTuckmanの形成、嵐、規範化、および実行の段階を経験し、これがチームの健全性に影響を与えることがあります。嵐が吹き荒れる段階では、チームが対立を解決し、仕事のやり方を確立するため、成果が落ちるのが普通です。しかし、彼らが正常化と実行の段階に移るにつれて、チームの健全性と生産性の改善が見られるはずです。
ベースラインを設定する際には、ダニング=クルーガー効果を念頭に置くことが重要です。この効果は、特定の主題において知識や専門知が限られている人々が、自分たちの能力やパフォーマンスを過大評価する傾向を指します。アジャイル変革の文脈では、アジャイルに慣れていない人々が自分たちがすでに非常にアジャイルであると考える可能性があり、これがベースライン結果を歪めることにつながります。アジャイルについて全てのチームメンバーを教育し、情報提供することで、ダニング=クルーガー効果の影響を最小限に抑えることが重要です。

##5 個人の満足度とモチベーション

個人の満足度とモチベーションを追跡することは重要です。なぜなら、アジャイル変革の成功を推進するのは人々だからです。アジャイルがプロセスやツールよりも個人と相互作用を重視するため、チームメンバーが参加し、モチベーションを感じることを確認することが重要です。アジャイルはチームが協力し、コミュニケーションを取り、最良の解決策を見つけるための実験を奨励し、これにより仕事の満足度とモチベーションが向上する可能性があります。
個人の満足度とモチベーションを測定するには、調査、一対一の会話、その他のフィードバックの仕組みを通じて行うことができます。個人が否定的な反響を恐れることなく、安心して意見を言えるようにすることが重要です。心理的安全性の良い指標は、チームメンバーが自分の意見を言うことができ、失敗を恐れず、実験をする意欲があると感じるときです。
しかし、変化は一部の人々にとって難しいものであり、アジャイル変革の初期段階で満足度レベルが一時的に低下することは珍しくありません。チームメンバーと継続的にコミュニケーションを取り、彼らの懸念を聞き、生じる問題に対処するために一緒に取り組むことが重要です。最終的に、個人の満足度とモチベーションに焦点を当てることで、より熱心で生産的な労働力を得ることができ、これがビジネス成果を達成するための鍵です。
結論として、アジャイル変革の成功を追跡することは重要ですが、簡単な作業ではありません。ビジネス成果、OKR、市場投入までの速度、チームの健康、個人の満足度とモチベーションを含む多くの指標を監視する必要があります。初期段階での即時の成長を期待するべきではありませんが、明確な目標と成功指標を念頭に置くことで、必要に応じてアジャイル変革に対してアジャイルになり、修正を加えることができます。これらの指標を使用することで、組織は進捗を評価し、データに基づいた意思決定を行い、望ましい成果に向けて軌道に乗ることができます。