Blog JP
アジャイルコーチング ビジネスの機敏性

社内におけるアジャイルコーチの役割: 彼らが行うべき 5 つのことと行わないべき 5 つのこと

アジャイルコーチは、アジャイルを目指すあらゆる組織にとって不可欠な部分です。彼らの役割は比較的新しいものですが、アジャイル実践の価値を認識する企業が増えるにつれ、その重要性は高まっています。アジャイルコーチは、アジャイル プロセスを通してチームを導く責任があり、組織が継続的改善の文化を確立するのを助けます。しかし、アジャイルコーチの役割はまだいくつかの人々にとってはまだ少し謎に満ちており、彼らが何をするのか、また何をしないのかについて多くの誤解があります。この投稿では、アジャイルコーチの役割と彼らが持つ主要な責任を明確にします。
まず、組織内でアジャイルコーチに期待すべきことについて話しましょう。

#1 チーム全体にアジャイルの原則と価値観の適用を確実にする

アジャイルコーチの主要な責任の一つは、アジャイルの原則と価値観が確実にチーム全体で適用されるようにすることです。これには、アジャイルトレーニングの提供と、チームがより柔軟で顧客中心になる機会を見つけるための支援が含まれます。さらに、アジャイルコーチは必要に応じてアジャイルの原則と価値観の違反を指摘する必要があります。これらの原則を促進し、維持することによって、アジャイルコーチはチームが軌道に乗り、継続的にアジャイルになることを支援します

#2 アジャイルの方法論、フレームワーク、ツールについてチームとリーダーをコーチする

アジャイルコーチはまた、アジャイルの方法論、フレームワーク、ツールについてチームとリーダーを指導します。これには、スクラムやカンバンのような適切なフレームワークの提案と、それを効果的に実装するための必要なトレーニングの提供が含まれます。さらに、アジャイルコーチは、スタンドアップ、振り返り、評価セッションなどのアジャイルイベントを進行させる方法、JiraやTrelloのようなツールを使用してアジャイル実践をサポートする方法をチームメンバーにトレーニングします。彼らはまた、チームがアジャイル原則を効果的に適用するためにリーダーから必要なサポートを得られるようにします。さらに、アジャイルコーチは、チームがパフォーマンスを振り返り、成長すべき領域を特定できるように、継続的な改善の実践、振り返りを導入します。

#3 組織の効率を最大化するための最善な方法を確立する

アジャイルコーチはまた、組織の効率を最大化するための最善な方法を確立する上で重要な役割を果たします。スクラムやカンバンのようなアジャイルフレームワークは強固な基盤を提供しますが、どれもそのまま適用されることはなく、組織ごとにある程度のカスタマイズを必要とします。アジャイルコーチは、アジャイル手法が効率的に実装されるようにするために、業界や組織に特化した最善な方法を開発します。さらに、アジャイルコーチは、新しいチームやチームメンバーの新人研修を支援するためのプレイブックやその他の文書を作成し、全員が組織のアジャイル実践を理解し、それを効果的に適用できるようにします。これらの最善な方法を確立することで、アジャイルコーチは組織が最大限の効率と生産性を達成するのを支援します。

#4 チーム間および部門間の連携を確実にする

アジャイルコーチはまた、組織内のチーム間および部門間の連携を確実にする上で重要な役割を果たします。彼らは、企業ビジョンの設定を促進し、各部門のOKRや四半期目標の定義を助け、全員の取り組みを調整するためのチーム間計画を促進することによって、組織の俊敏性をサポートします。アジャイルコーチはまた、関係者全員がアジャイルプロセスに関与し、意思決定に発言権を持てるように、利害関係者との連携を促進することに取り組みます。チーム間および部門間の連携を促進することで、アジャイルコーチは組織がその目標をより効果的かつ効率的に達成するのを支援します。

#5 自立した機能横断的なアジャイル チームを構築する

最後に、アジャイルコーチは機能横断型の自立したアジャイル チームを構築する責任を負います。これには、各チームが自らアジャイルプロセスを運用し、アジャイルイベントを効果的に促進できるようにすることが含まれます。アジャイルコーチはまた、必要なスキルを構築し、チームが競合を解決し、独自に問題を解決できるようにサポートを提供するように努めます。各チームが成功するために必要なツール、スキル、サポートを確実に備え、チームが意思決定を行い、独自のアジャイル イニシアチブを推進できるようにします。アジャイル コーチは、自立した機能横断的なアジャイル チームを構築することで、組織が長期的な成功と継続的な改善を達成できるよう支援します
そして、アジャイルコーチに期待すべきでないことがあります。

##1 すべてのアジャイルイベントを進行させるわけではない

アジャイルコーチがすべてのアジャイルイベントを進行させるべきではないことは重要な点です。彼らがチームビジョン、チーム規範、最初のOKRを作成することで初期のチーム設定をサポートするかもしれませんが、日々のスタンドアップ、スプリント計画、振り返りなどの定期的なイベントをチームのために継続的に進行させるべきではありません。代わりに、アジャイルコーチはこれらのイベントを効果的に進行させる方法をチームに教え、自らそれを行うようにする必要があります。これは、チームはアジャイル コーチがすべてのイベントに出席することを期待すべきではなく、独立して運営できる必要があることを意味します。

##2 彼らはウォーターフォールプロジェクト管理をしません

アジャイルコーチが行わない別のことは、ウォーターフォールプロジェクト管理です。一部のアジャイルコーチはプロジェクト管理のバックグラウンドを持っているかもしれませんが、アジャイルコーチはプロジェクトマネージャーではないことに注意が必要です。彼らは従来のプロジェクトマネージャーが行うように、ステータスの最新情報を収集したり、プロジェクト レポートを送信したりすることはありません。代わりに、アジャイルコーチは従来のプロジェクト管理からアジャイルチームへの移行をサポートし、チームがアジャイルの価値観と実践を採用するのを助けます。アジャイルコーチはチームと密接に協力してコミュニケーションとコラボレーションを促進し、障害を特定して除去し、継続的な改善を促進します。彼らはチームがより柔軟で適応性が高く、顧客中心のものになるのを助けます。これは、アジャイル環境では不可欠です。

##3 製品管理を行わない

アジャイルコーチが行わないもう一つ重要なことは、製品に関する決定を下すことです。製品チームと密接に協力するものの、アジャイルコーチは製品について決定を下したり、製品の方向性を指示したりすべきではありません。代わりに、アジャイル コーチは、顧客調査、実験、プロトタイプの作成、および製品に関する最善の決定を行うために必要なツール、フレームワーク、コーチングをプロダクト オーナーに提供することで、プロダクト オーナーをサポートします。これにより、アジャイルコーチはプロダクトオーナーが組織の目標に沿って顧客のニーズに応える製品を作り出すのを助けます。
アジャイルコーチは、個々のチームの製品の技術的な詳細に深く関与することはできません。彼らは複数のチームと協力し、組織全体で適用できる最善な方法と原則を確立することに重点を置く必要があります。アジャイルコーチは、特定のツールや技術の使用などの技術的な事項について指導を提供できますが、製品開発に関する主要な意思決定者であるべきではありません。代わりに、製品開発プロセスがアジャイル原則に沿っていること、チームが組織の目標に沿った決定を下すことを支援できるように、製品チームと協力的に働くべきです。

##4 人事管理を行わない

人事管理に関しては、アジャイルコーチの役割は個人を1対1のセッションを通じて指導することですが、直接のマネージャーであるべきではありません。コーチは他のチームメンバーの目標設定を行う責任もありません。彼らの焦点は、チームメンバーがスキルを開発し、目標を達成するのを支援することにあります。さらに、アジャイルコーチはチーム内の対立解決のためのフレームワークを提供できますが、セラピストや裁判官としての役割を期待されるべきではありません。コーチはこのような状況で中立的な立場を保ち、チームメンバーが対立を効果的に解決できるように話し合いを促進することが重要です。

##5 消防士のように振る舞わない

アジャイルコーチはしばしば、火事を消し、すべての問題を解決する消防士として見られます。しかし、これはアジャイルコーチの役割を正確に描写したものではありません。障害を取り除くことが彼らの責任の一つであるとしても、チームのすべての問題を解決する必要があるというわけではありません。代わりに、アジャイルコーチの目的は、チームが問題解決スキルを開発し、直面する課題に対する責任を負えることを目指します。これは、アジャイルコーチが問題解決者ではなく、ファシリテーター、コーチ、メンターとして機能することを意味します。彼らは、チームが直面する問題に対処するために使用できるフレームワークや技術を提供することで、チームの問題解決スキルを向上できることを支援します。最終的に、アジャイルコーチの目標は、課題に直面したときに独立して活動し、情報に基づいた意思決定ができる自立したチームを作り出すことです。
結論として、アジャイルコーチは組織において非常に大きな役割を果たします。彼らはアジャイルの導入を促進し、チームや個人を指導し、継続的な改善を推進します。しかし、彼らの役割がマネージャー、セラピスト、または問題解決者であるわけではないことを理解することが重要です。彼らはチームを導き、自分たちの課題に対処する力を与えるために存在します。組織内での彼らの役割に対する現実的な期待を設定することが重要です。期待が一致していない場合、混乱やフラストレーションを招き、最終的にアジャイル導入の成功を妨げる可能性があります。彼らの役割を理解し、その専門知識を活用することで、組織はアジャイルコーチの価値を最大化し、アジャイル変革の目標を達成できます。
画像クレジット: parabol.co