Blog JP

ユーザーストーリーの可能性を解き放つ: 習得の 7 つの秘密

ユーザーストーリーは、アジャイルで最もよく知られたツールの 1 つです。これらは基本的な構成要素として機能し、ユーザーと顧客のための価値の創造に向けて開発プロセスを指導します。アプリを開発したり Web サイトを構築したりする場合、作業項目を「<ユーザー> として、<価値> を持つことができるように <目標を達成したい> 」と書式設定するのは簡単そうに見えます。たとえば、「旅行予約アプリのユーザーとして、より楽しい旅行ができるように、地元のレストランに関する提案を受け取りたいです。」といった感じです。
ただし、ユーザーストーリーを適用することは、マーケティングや財務のチームにとっては非常に困難な場合があります。アジャイル変革の際には、ユーザーストーリーの概念が導入されることがよくあります。しかし時間が経つにつれて、多くのチームは古い習慣に戻ってしまいます。それを責めることは難しいです。ユーザーストーリーは簡単ではありません。
こうした課題にもかかわらず、ユーザーストーリーは非常に価値があります。これらは、チームが顧客価値の提供を最大化することに集中し、より適切な優先順位付けを促進して、ビジネス成果の向上を促進するのに役立ちます。アジャイルにおける優先順位付けの詳細については、私の以前のブログを参照してください。
この投稿では、チームが抵抗している場合や、その価値をまだ十分に理解していない場合でも、ユーザーストーリーをより効果的に採用する方法に関するヒントをいくつか共有したいと思います。

1. テンプレートに固執しない

「<ユーザー> として、<価値> を持つことができるように <目標を達成したい> 」という古典的なユーザーストーリーテンプレートを含むアジャイルツールは、妨げるのではなく、支援するためにあります。多くの人にとって、このテンプレートに厳密に固執することは、少し不自然で扱いにくく感じるかもしれません。明らかに、これはタスクを表現する最も自然な方法ではありません。さらに、かなり長いです。 Jira などのツールを使用して作業項目を管理している場合、テキストがしばしば切り取られ、複数のストーリーを効率的にざっと読むことが困難になります。
アジャイルの本質は、その指針となる原則と、本当に重要なことに継続的に焦点を当てることにあることを忘れないでください。ツールとテンプレートは、余分な負担になるのではなく、チームの作業を促進する補助として機能する必要があります。特定のツールやテンプレートが要件に適合していない場合は、ためらわずに調整してください。どのような変更を加えても、アジャイルの中核目標に沿ったものであることを確認し、顧客に最大の価値を提供することにチームが集中できるようにします。

2.「誰」から始める

ユーザーストーリーはすべて「ユーザー」に関するものであり、名前にもそれが含まれています。そこで、大きな疑問は、あなたの顧客は誰なのかということです。当たり前のように聞こえるかもしれませんが、これを明確に理解することが非常に重要です。
あなたはおそらく、地球上のすべての人のために何かを作っているわけではありません。では、誰のために作っているのでしょうか?顧客は、幅広いカテゴリから非常に特殊なニッチまで、さまざまな分野に存在する可能性があります。年齢、住んでいる場所、または人生の段階(彼らは大学生、親、退職者ですか?)などを考慮してみましょう。そして、固有の特性やニーズを忘れないでください。たとえば彼らは非ネイティブスピーカーなのか、それとも特別な要件を持つ人々なのかなどです。
また、「ユーザー」は社内の誰かである場合もあります。たとえば、別のチームのためにツールを作成している場合、そのチームはあなたの顧客になります。あなたが会社の財務を管理している場合、会社全体があなたの顧客になります。これらの社内顧客に焦点を当てている一方で、最終的なエンドユーザー (会社の製品を購入する人) も念頭に置く必要があることを覚えておいてください。
だから、自分の「誰」を知りましょう。 GPS に目的地を設定するようなものです。これにより、すべての努力が正しい方向に向かうようになります。

3. 目標を特定する

ユーザーストーリーの「何を」の部分を掘り下げると、「私は...<目標を達成したい>」に遭遇します。この形式に縛られる必要はありませんが、明確にすることが重要です。顧客の頭の中に入り込み、何を感じているかを感じ、実際のニーズを理解することが目的です。テンプレートで「したい」を使用すると、共感を促進し、顧客のニーズや要望をより共感できるものにすることができます。
顧客は複雑さを求めていません。手数料に悩まされたり、広告に目を奪われたり、不必要なボタンやプロセスに煩わされたくはないのです。彼らはシンプルさと価値を求めており、限定情報に簡単にアクセスしたり、最高の製品を見つけたり、購入をスムーズに完了したり、必要なヘルプやサポートを得たりしたいと考えています。
顧客が本当に達成しようとしていることに焦点を当てます。余分なステップやプロセスを取り除き、主な目標を中心としたアプローチをとります。こうすることで、顧客が本当に大切にしているものに合わせて取り組みを行うことができ、顧客の重要な目標が戦略の中心となることが保証されます。

4. 価値を評価する

ここで、顧客が目標を達成したときに得られる価値、つまり利益について話しましょう。たとえば、価格変更に関する最新情報を迅速に知りたい顧客について考えてみましょう。彼らが得る価値は、製品や顧客の特定の目標など、さまざまな要因によって異なります。
トースターの価格が下がるのを待っている人に比べて、株価の更新を待っているデイトレーダーを想像してみてください。トレーダーは、タイムリーな情報が活動にとって重要であるため、より多くの価値を見出しますが、トースターの購入者にとってはそれほど重要ではありません。
最初にどの作業項目に焦点を当てるかを決定するとき、価値は非常に重要です。必ずしも直接的または完全に客観的であるとは限りませんが、価値をできるだけ明確にすることが重要です。そうすることで、顧客に提供するメリットに基づいて、ユーザーストーリーをより適切に比較し、優先順位を付けることができます。

5. 受け入れ基準を定義する

ユーザーストーリーが受け入れ基準を満たさないことはほとんどありません。ユーザーストーリーは、製品がどのようなシナリオで何を行うかを正確に明確にするストーリーの延長として考えてください。古典的なテンプレートは「if...When...Then...」で、前提条件 (「新規顧客の場合」)、トリガー (「初めて製品を購入するとき」) 、および機能後(「その後、ロイヤルティプログラムの割引メンバーシップを提供されます」)に分けて説明します。さまざまな顧客やさまざまなトリガーなど複数のシナリオが考えられますが、受け入れ基準を追加すると、予想される動作をより深く理解できるようになります。
テンプレートが好きではない場合は、これを捨てて、たとえば導入したい製品やプロセスにどのような変更が必要かを説明する箇条書きのリストを作成できます。あなたが究極の旅行アプリを構築していて、ユーザーストーリーが「頻繁に旅行するので、安全を確保し、必要に応じて追加の保険に加入できるように、旅行中の保険状況を明確にしたいと考えている」と仮定します。その場合、受け入れ基準には、(1) 契約している保険会社のリスト (2) 国ごとの各保険の種類と補償内容 (3) 強調されたギャップとリスク (4) 追加の保険プランの提案 などの項目が含まれる可能性があります。
(ちなみに、このようなアプリを構築している場合は、お知らせください。すぐにあなたの忠実なユーザーになります!)

6. 「方法」は専門家に任せる

ユーザー ストーリーを作成するときは、主に顧客のニーズと目的に焦点を当てる必要があります。通常、このタスクはプロダクトオーナーに任され、プロダクトオーナーは顧客の願望と実現可能な製品機能を橋渡しし、製品がユーザー中心であり続けることを保証します。
ただし実装、つまりストーリーの「方法」は開発チームに任せるのが最善であることを覚えておくことも重要です。複数の実行パスが存在し、それぞれにニュアンス、コスト、メリットがあります。プロセスを完全に自動化するか、手動要素を組み込むかにかかわらず、選択はチームの能力とプロジェクトの包括的な目標に合わせて行う必要があります。
柔軟性は不可欠です。ルールとテンプレートはガイドラインであり、義務ではありません。状況によっては、計画中に実装を指定することが必要になる場合があります。それで大丈夫です!ただし開発チームに革新の余地を許可すると、多くの場合より効率的で費用効率が高く、独創的な解決策が得られることに注意してください。したがって、可能であれば「方法」は専門家チームに任せてください。

7. INVEST基準と一致していることを確認する

ユーザーストーリーを作成するときに、(厳格な規則ではなく) 指針として採用すると便利な概念は、INVEST基準です。INVESTとは何の略ですか?これは、優れたユーザーストーリーの属性を要約した頭字語です。
  • (I)ndependent(独立):各ストーリーは独立しており、別のストーリーの完成に依存することなく顧客価値を提供する必要があります。
  • (N) egotiable(交渉可能):実装の詳細は柔軟である必要があります。このアプローチにより、チームは最適な効率と費用対効果を実現するためのさまざまな戦略を検討し、採用することができます。
  • (V)aluable(価値がある):それぞれのストーリーには明確な価値がなければなりません。有意義に貢献しない場合は、含めることを再検討してください。
  • (E) stimable(見積もり可能):優れたストーリーとは、範囲がよく理解されており、効果的な見積もりプロセスが可能になっているストーリーです。強制的な見積もりは必要ありませんが、見積もりを考慮できるほど明確である必要があります。
  • (S)mall(小さい):ストーリーを簡潔かつ焦点を絞ったものにすることで、機敏性が向上します。目標は、より迅速な提供と仮定のより迅速な検証を促進することです。ストーリーが小さいほど管理しやすく、顧客からのフィードバックをより迅速に得ることができます。
  • (T)estable(テスト可能):各ユーザーストーリーがテスト可能であることを確認することが重要です。ストーリーの実装の成功を判断するための明確な基準があり、望ましい結果が達成されることを保証する必要があります。
INVEST 基準を内部チェックリストとして利用すると、より洗練され実用的で、顧客価値とチームの能力の両方に合わせたユーザーストーリーを作成することができます。
ユーザーストーリーはアジャイルの強力なツールです。これらは、チームが顧客のニーズを真に満たす製品を作成できるように導くのに役立ちます。ただし、ユーザーストーリーの使用は、厳密なテンプレートと多くのルールのため難しい場合があります。
これらの課題についてはあまり心配しないでください。ルールをもう少し柔軟にして、ストーリーの主なアイデアに集中することで、物事を簡単に行うことができます。ユーザーストーリーのようなアジャイル ツールは、チームの作業を複雑にするのではなく、簡単にする必要があります。
したがって、目標はユーザーストーリーを役立つガイドとして使用し、チームが価値を生み出す際に常にサポートできるようにすることであることを覚えておいてください。
アジャイル手法 アジャイルコーチング ツール プロダクトオーナー