Blog JP
チームの健全性 アジャイルコーチング

サイロを破る: チームの回復力を高め、バス要因を回避する方法

バス係数という概念について聞いたことはありますか?もし聞いたことがなければ、紹介させてください。バス係数は非常にシンプルなアイデアで、複雑な理解を必要としません。自分自身にこの質問をしてみてください:あなたのチームの作業が完全に停止するには、予期せず利用できなくなる(事故や突然の休暇によるものであれ)チームメンバーが何人必要でしょうか?
もちろん、誰も不幸になることを望んでいませんので、このシナリオを考えるときは、もう少し明るい出来事を想像することが最善です。人々が計画的に休暇を取る場合や昇進する場合、あるいは仕事を辞める場合、通常は知識の移転や文書の共有のための移行期間があります。しかし、もし同僚がバチェラーパーティーでやり過ぎて、資源も何もない別の国に立ち往生してしまったらどうでしょうか(バスに轢かれるよりも楽観的な代替案)?ステークホルダーが製品を熱心に待っている中、そのチームメンバーの意見なしでチームは依然として納品できるでしょうか?
私が出会った多くの機能不全のチームでは、バス係数は1まで低い事がよくあります。たった一人のメンバーを失うだけで、すべてが停止したり、重大な遅延を引き起こしたりします。当然のことながら、パフォーマンスの高いアジャイルチームであっても、一時的にメンバーを失うといくつかの困難が生じ、少ない人手で作業を行うために遅延が発生するかもしれません。ただし、残りのチームメンバーが部分を拾って前進を続け、最終的には機能的な製品の増加を実現できるため、作業が完全に停止することはありません。
サイロは、チームワークから生じる相乗効果を妨げるだけでなく、製品やプロジェクトに重大なリスクをもたらすため、有害です。しかし、これはすべてのチームメンバーが万能で、他の誰かの仕事の複雑さに精通している必要があることを意味しますか?UXデザイナーはPythonコースを受講し、テスターはデジタルマーケティングについて学ぶべきでしょうか?スキルセットを拡大することは常に有益ですが、時間と資源の最も実用的な使い方ではないかもしれません。いいえ、バックエンドエンジニアがPhotoshopやFigmaの専門家になる必要はありません。
そうはいっても、チームメンバーがお互いの役割を認識し、情報がどこに保存されているかを知り、主要な連絡先を把握していることは重要です。サイロ化されたチームと協力的なチームが様々な状況でどのように機能するかを示すために、いくつかの仮想的なシナリオを考えてみましょう。
リンダについて紹介しましょう。リンダはアプリ開発チームでUXデザイナーとして働いており、Adobe XDでほとんどのデザインを作成し、InVisionでプロトタイプを組み立てています。チームは顧客にすでに発表され、メディアで大きな話題を呼んでいる新機能に精力的に取り組んでいます。リンダはチームの唯一のUXデザイナーであり、この非常に期待されている機能のUIを最終化する過程にあります。しかし、ある月曜日の朝、彼女は仕事に現れず、電話にも応答しません。
まず、リンダのチームがサイロ内で運営されている状況を想像してみてください。各メンバーが製品の自分の部分だけに集中しています。プロダクトオーナーは仕様を作成し(サイロ化されたチームが適切なユーザーストーリーを作成できるとは驚きですが)、iOSとAndroidの開発者はコードを作成し、その出力をQAテストします。リンダがいなくなると、開発者は進むことができず、チームは後任を探す中作業が停止します。新しいデザイナーは問題を理解し、以前のアプリバージョンを確認し、最初から新しいデザインを作成するのに数日かかります。機能の提供は遅れ、顧客は失望します。
リンダは2日後に戻り、雷雨で電力が途絶えたため、祖父母の湖のキャビンに立ち往生していたと説明します。携帯電話のバッテリーが切れてしまったため、Uberを呼んだり同僚に連絡したりすることができませんでした。リンダが無事であることにみんなは安堵しますが、ステークホルダーはリリースの遅れに不満を持っています。
次に、同じシナリオが協力的なチームで展開される様子を想像してみましょう。リンダが現れないとき、彼女のチームメイトは自分たちでデザインを始めるわけではありません。しかし、彼らはすべてAdobe XDとInVisionにアクセスでき、リンダが作業をどこに保存しているかを知っており、前日からの最新のバージョンを簡単に見つけることができます。実際、デザインはほぼ完了しており、リンダが金曜日に仕上げたクリック可能なプロトタイプのおかげで、機能は全員にとって明確です。プロダクトオーナーはいくつかのボタンに関して懸念を持っていますが、調整は他のチームのデザイナーが簡単に手伝える30分の簡単な作業です。さらに、リンダは共有ドライブ上にデザインガイドラインを保持しており、任意のデザイナーがすぐに参加して作業を完了することができます。チームはリンダについて心配していますが、作業は続き、アプリは予定通りにリリースされます。
結論として、チームメンバーがよりサイロ化されているほど、リスクは大きくなります。人生は予測不可能であり、誰もがバスに轢かれることは望んでいませんが、常に病気や家族の緊急事態、または二日酔いのような野生のシナリオ(顔のタトゥーやトラなど)の可能性があります。サイロを破ることは、チームメンバーがすべてに取り組む必要があることを意味するわけではなく、必要なときにお互いのためにカバーできることを意味します。サイロを破るためのいくつかのステップはこちらです:
  1. 進行中のドキュメントを含むすべてのドキュメントをそこに保存するようにチームメンバーに責任を持たせるために、共有フォルダを使用します。Google Drive、Box、Dropbox、SharePointなどのサービスを使用して共有ストレージを設定することは簡単です。
  2. 新規採用者にとって有益な最善策、一般的な手順、その他の役立つ情報を含むナレッジベースを作成します。チームが頻繁に新しい人を雇うわけではなくても、これは追加の助けが必要なときやチームメンバーが欠席している同僚のためにカバーする必要があるときに役立ちます。
  3. バックログの改善と計画セッションを一緒に行い、誰が何に取り組んでいるかをみんなが知るようにします。
  4. たとえタスクが専門外であっても、チームメンバーが互いに支援することを奨励します。彼らがすべてのことの専門家である必要はありませんが、互いのツールと技術について少し余分な知識があると有益です。
  5. 縦にスライスされたユーザーストーリーを作成します。ほとんどの場合、それらは異なる専門知識を持ついくつかのチームメンバーの協力を必要とし、互いのツールとコツの相互理解と学習を促進します。