Blog JP
ソフトウェア・スキル チームの健全性 アジャイルコーチング

フィードバックを受け取るための7つの基本ルール

フィードバックを受け取る側にいるとき、従うべきルールはありますか?絶対にあります!フィードバックは、誰かがあなたに与えてくれる貴重な贈り物と考えてください。彼らはそれを慎重に選び、きれいに包装することを考え、それをあなたに渡すときにはかなり緊張していますので、それを念頭に置き、この機会に感謝の気持ちを伝え、この贈り物を有効活用してください。
ここでは、動揺したり、喧嘩したり、フィードバックをくれた人との関係を破壊したりすることなくフィードバックを受け取るのに役立ついくつかのルールを紹介します(たとえそれが最も良い方法で提供されなかったとしても)。

#1 フィードバックの好みを伝える

フィードバックが与えられる前にあなたの好みについて話し合う機会があれば、それを利用してください。その場でのフィードバックを好む人もいれば、慎重に処理するために別の時間を設定する必要がある人もいます。非常に直接的で率直なフィードバックを受け入れる場合もあれば、そうでない場合もあります。私個人としては、人々に物事をありのままに言ってほしいと思っていますが、改善できるように自分の何がうまくいっていないのか知りたいと思っています。同時に、直接的なフィードバックによって簡単に傷つく人もいて、彼らは肯定的および否定的なフィードバックが交錯することを好むでしょう。くだらない肯定文と否定文のサンドイッチが好きな人はいませんが、正直な肯定的および否定的なフィードバックを交互にすることで、両方をよりよく処理するのに役立ちます。
ところで、もしあなたが建設的なフィードバックに簡単に動揺してしまうのなら、そうしない方がいいです!次のルールを読めば、その理由がわかるでしょう。

#2 彼らがあなたを気にかけていることを知る

言ったように、フィードバックは贈り物です。それをあなたに与える人は、あなたが何かでより良くなることを望んでいます。ちなみに、これはあなたが知っている人からの対面でのフィードバックにのみ当てはまります。インターネット上の見知らぬ人からのコメントは、かなり有害であり、あなたとは何の関係もありませんので、無視しても構いません。
ですので、同僚があなたに何かを間違っていると言ったとき、通常彼らがあなたに伝えようとしているメッセージは、あなたがダメな人間であるとか、才能/スキル/経験が不足しているということではありません。あなたがアプローチを変え、違うやり方をした方が、あなた(おそらく他の人も)にとって有益になると彼らが伝えようとしているのです。
例えば、あなたがチームに入ったばかりで、上司からクライアントへのメールの構成が悪く、言葉遣いも不適切だと言われたとしましょう(私は日本に住んでいるので、メールのマナーにはかなり気を遣います)。このフィードバックの目的は、あなたを叱ることではなく、より良いメールの書き方を理解し、よりプロフェッショナルになるための手助けをすることです。

#3 彼らが間違っているかもしれない。しかし、どうして彼らはそのように状況を認識したのか?

正直なところ、私たちが受け取るフィードバックのすべてが正当化されるわけではありません。例えば、あなたは自身のタスクを完璧にこなしたのに、同僚の1人がステータスの最新情報を受け取らず、彼の担当箇所が時間内に終わらず、その遅れをあなたのせいにしたとします。今、あなたのチームリーダーが時間内に作業を完了するようにあなたに言っており、あなたは本当にイライラしています。あなたは自身がやるべきことはすべてやったし、一部のバカが Jiraの 通知をスパムとしてフィルタリングしたことはあなたの責任ではありません!
落ち着いてください。そう、それはイライラするかもしれませんし、あなたはすべて正しく行ったかもしれません。しかし、結果は大丈夫ではなく、チームの全体に影響を与えました。あなたは皆に何が起こったのかを説明することができますが、この状況ではそれが最優先事項ではありません。それよりも、どのようにして正しい結果を得るためにもっと違うやり方があったのではないかを考えてみてください。たとえば、あなたが同僚に仕事を送ったときに同僚を肩をたたいて準備できたことを伝える?または、重要な通知を決して見逃さないように、彼らがメールフィルターを設定するのを手伝う?あるいはチーム全体の振り返りを行い、より良いコミュニケーションのあり方についてチーム全体で合意する?どれもおそらくあなたの責任ではありませんが、チームワークとはこういうものです。指摘や責任のなすり付け合いをするよりも、改善の機会を見出す方がはるかに生産的です。

#4 質問をする

全ての人がフィードバックを与えることに熟練しているわけではありませんので、何かが明確でない場合は、質問してください。
「〜をしたときの例を教えてもらえますか?」
「なぜ私が正しく行えなかったと思いますか?」
「私の行動がチームにどのような影響を与えましたか?」
「あなたならどのように違う方法でやりますか?」
ここで重要なことは身構えないことです(争いにするつもりはありませんし、自分を守り始めると、相手は攻撃的になります)。覚えておいてください、私たちは貴重な贈り物を受け取るプロセスにいます!たとえフィードバックが正当化されていないと思っても(それが起こることがあります)、自分の質問を反対意見のように言ってはいけません。むしろ、あなたの同僚がこのような状況を認識するに至った出来事は何なのか、また、あなたが調整する必要があるかもしれないと相手が考えているあなたの行動は何なのかを理解するように努めましょう。
結局のところ、私たちは他人が見ているのと同じように自分自身を見ているわけではないですし、興味深い洞察が得られるかもしれません。

#5 自分を正当化し始めない

あなたが自分の行動や動機を説明し始めると、あなたは必然的に防御的なモードに入ります。「でも、私はただ助けたかっただけです」と「そのルールは私に説明されていませんでした」ということはすべて自分自身の心の中に留めておいてください。重要なのは、状況がすでに過去にあり、チーム(またはプロジェクト、または特定の人)に何らかの影響を及ぼし、それから学ぶことができるということです。
こんな状況を想像してみてください。バスケットボールで指を痛めたあなたは、中華料理店で食事をしたとき、箸を使うことができず、代わりにフォークをウェイターに頼みました。あなたの指のことを知らない友人がそれを見て、今度会うときにちょっとしたプレゼントとして箸のトレーニングキットをくれました。ここであなたには2つの選択肢があります。:
1.気分を害し、自分は箸のプロだと説明する。
2.お礼を言って大笑いする
私の意見では、どんな贈り物でも、感謝の気持ちを表し、相手にお礼を言うことが大切です。たとえその贈り物が実際には必要なかったとしても、あるいはその贈り物にアレルギーがあったとしても(私は長年チョコレートにアレルギーがあり、それでもチョコレートの贈り物をたくさんもらっていた者として、このスキルをマスターしました)。必要のないプレゼントにお礼を言うのは偽物のように感じるかもしれませんが、私たちは本当にプレゼントそのものにお礼を言っているのでしょうか?私は、相手の気配りや心遣いが大切だと強く信じています。

#6 必ずしも彼らが言ったことを正確に実行する必要はない

フィードバックを受け取ると、あなたが行っているすべてのことが間違っていて、あなたのやり方を完全に変える必要があるかのように感じるかもしれません。
いくつかの良いニュースがあります。まず、フィードバックを受け取っているということは、あなたが絶望的ではなく、あなたが行っているすべてのことが間違っているわけではないということを意味します。あなたの友人や同僚は、あなたが何かを異なる方法で行えば、より良い結果が得られると思っています。しかし、これはただ一人の意見にすぎません!
次に、人々は肯定的なフィードバックよりも建設的なフィードバックをより多く与える傾向があります。彼らが言及しないすべてのことをあなたが正しく行っていると考えてください。
そして第三に、彼らは全体的な文脈や状況を完全には認識していないかもしれません。私たちはあなたが自分のことを説明せず、代わりにフィードバックをよりよく理解することに焦点を当てることに同意しました。しかし、あなたが相手の知らない何かを知っていて、彼らが提案した解決策が機能しないと感じる場合、それはあなたが助言に従うかどうかを決定するのは完全にあなた次第です!フィードバックがあなたが改善または異なる方法で行うことができることについての考えを引き起こすことを願っていますが、同僚が提案した正確な方法で行う必要はありません。

#7 積極的にフォローアップし、さらにフィードバックを求める

フィードバックを求めることは、学び、改善する意欲を示しており、それを行うほど、あなたの周りの人々はより支援的になります。フィードバックを共有することは、一部の人にとっては簡単ではないので、心理的に安全な環境を作る必要があるかもしれません。あなたが耳を傾ける姿勢ができていること、身構えたり動揺したりせず、明確な質問をして、フィードバックをくれた人に心から感謝してください。
誰かのスタイルがあなたにとってうまくいかない場合、たとえば、彼らが物事を少し表面化しすぎている、または自分が処理できる以上に直接的であると感じる場合は、そのように伝えてください。
私の全体的なメッセージがここで明確であることを本当に願っています:フィードバックはあなたの個人的な成長のための重要なツールであり、私たちが宝物として大切にし、感謝すべき貴重な贈り物です。