Blog JP
ツール アジャイル手法 アジャイルコーチング

ストーリー ポイントを紐解く: 今すぐ使用するべき5 つの理由

ストーリーポイントについて聞いたことがあるかもしれません。これはアジャイルの世界で最近人気が高まっている概念です。これらは、プロジェクトの見積もりに取り組む多くのチームにとって不可欠なツールになりつつあります。しかし、ストーリー ポイントとは正確には何で、チームにどのようなメリットをもたらすのでしょうか?
この投稿では、ストーリーポイントとは何か、また、ストーリーポイントがアジャイルツールキットに追加される価値がある理由について説明します。これは単なる流行語ではなく、チームの作業見積もりに革命をもたらす可能性がある実践的なアプローチです。

ストーリーポイントの概念を解明する

ストーリーポイントは作業を見積もる独自の方法であり、単にタスクを完了するのにかかる時間ではありません。彼らは、時間、複雑さ、不確実性という 3 つの重要な側面を考慮します。このように考えてみてください。たとえば、最後の 2 kg を減らすなどの個人的な目標を設定したことがあるなら、期間を見積もるときに私たちがどれほど楽観的すぎるかがわかるでしょう。これは仕事の場面でも同様で、特に大規模なプロジェクトを小さなタスクに分割しようとする場合、このアプローチは必ずしも時間効率が良いとは限りません。
アジャイルでは、期限やスケジュールを超えて焦点が当てられます。私たちは顧客満足度を重視し、関係者全員が業務内容を理解できるように努めます。私たちは、複雑なガントチャートを作成するのではなく、各作業項目の価値と優先順位についてオープンな議論を促進したいと考えています。
では、どうすればこれを達成できるでしょうか?ここで相対推定が登場します。この方法により、さまざまな作業項目を比較し、小、中、大などの「バケット」に分類することができます。ご想像のとおり、作業項目が大きくなるほど、そのサイズに関する不確実性が高くなります。
これらの「バケツ」を具体的なものにするために、フィボナッチ数列 (1、2、3、5、8、13、21、34、55...) を使用してそれぞれに番号を付けます。しかし、なぜフィボナッチなのでしょうか?この数列は、タスクが大きくなると不確実性が増大することを反映しています。小さいタスクは正確に推定できますが (したがって、初期の数列に小さなギャップが生じます)、より大きなタスクのサイズは大きく異なる可能性があります。簡略化するために、通常は変更されたスケール (1、2、3、5、8、13、20、40、100) を使用します。
これらの数字は時間や難易度などではないことに注意してください。それらは単に私たちの「バケツ」のラベルにすぎません。相対的なサイズに応じて、すべての「小さい」アイテムはバケット 1、2、または 3 に収まり、「中」のアイテムは 5 または 8 に収まり、「大きい」アイテムは 13、20、40、および 100 に収まります。ストーリーポイントの美しさは、作業見積もりに対するこの柔軟かつ構造化されたアプローチにあります。
では、ストーリー ポイントを使用するメリットは何でしょうか?

利点 #1: 有意義な会話を促進する

ストーリー ポイントを使用する主な利点は、ストーリー ポイントから有意義な会話が生まれることです。チームがストーリーポイントで作業を見積もる場合 (見積プロセスについては別のブログ投稿のトピックです)、数値の不一致は、作業範囲に関する合意が得られていないことを示している可能性があります。ある人が 13 と推定し、別の人が 3 と答え、チームの残りのメンバーが 5 に傾いている場合、それは議論が必要であるという明らかな兆候です。
ストーリーポイントは、水面下に潜んでいる可能性のある根本的な問題に対処するための触媒として機能します。ユーザーストーリーの書き方が不十分であること、チーム内のコミュニケーションのギャップ、または準備完了と完了の定義が明確にされていないことが考えられます。
私の経験では、数多くの課題に取り組んでいるチームと協力する場合、早い段階でストーリーポイントを導入することが非常に有益です。これはこれらの隠れた問題を明らかにし、チームをより建設的な解決策に導くのに役立ちます。

利点 #2: 時間だけを考慮するだけではありません

ストーリーポイントは、時間以外の要素も考慮することで、全体的なアプローチで見積もりを行います。彼らは、タスクの複雑さとそれに伴う不確実性のレベルを考慮します。
壁の塗装などの単純な作業の場合、過去の経験に基づいて所要時間を簡単に見積もることができます。ただし、複雑さが増すにつれて、タスクのサイズを正確に判断する能力は低下します。不確実性や未知の要素が大きいタスクについても同様です。
依存関係のあるタスクを扱っている場合、ストーリーポイントは、全体的な不確実性に本質的に寄与するため、これらの追加の変数を考慮するのにも役立ちます。

利点 #3: 受注人に依存しない見積もり

ストーリーポイントの使用の独特な側面は、誰が作業を行うかが考慮されていないことです。これにより、チームは事前にタスクを割り当てることなくタスクを見積もることができます。
たとえば、ソフトウェア開発チームでは、上級エンジニアが 2 時間かかる作業が、下級エンジニアには 2 日かかる場合があります。しかし、ストーリーポイントでは、こうした個人差は考慮されません。代わりに、作業項目自体を測定し、他の項目と比較します。
時間の経過とともに、チーム全体の速度、つまりチームが一定期間内に完了したストーリーポイントの数を追跡します。このアプローチは、チームの全体的な能力とパフォーマンスを反映して、個人の格差を平均化します。
タスクを事前に割り当てる必要がないため、時間が節約され、柔軟性が高まります。チームメンバーは自分が取り組みたい内容を選択でき、必要に応じて誰でも緊急の作業項目を引き受けることができます。これにより、誰が作業を行うかではなく、作業自体に焦点が当てられる強力的な作業環境が促進されます。

利点 #4: 細部の過度の強調を避ける

ストーリーポイントを使用すると、チームが細部にこだわりすぎるという罠を避けることもできます。より大きな作業項目のスケールは、精度の必要性を減らすために意図的に広くされています。正確さが必要な場合、チームはいつでも時間をかけて項目を小さなタスクに分割できます。ただし、ほとんどのシナリオでは、このレベルの詳細は必要ありません。
小さな項目を見積もる場合でも、チームは迅速な決定を下すことを促されます。それは 1、2、または 3 のどれですか?疑わしい場合、チームはより高い数値に傾きます。このアプローチは、推定が 100% 正確であることは決してないという現実を認識し、受け入れるものであり、それが私たちの主な目標ではありません。
範囲を調整し、実際に作業を行うことに集中することで、チームは不必要なストレスを軽減し、効率を向上させることができます。完璧な見積もりではなく、賢明な見積もりを行うことが重要であり、ストーリー ポイントを使用すると、この考え方が容易になります。

利点 #5: タイムラインの予測と大規模なタスクの見積もり

アジャイルは、厳格な作業計画や期限に対する柔軟性を奨励しますが、場合によっては、より大規模な作業の見積もりやタイムラインの予測が必要になることがあります。これもストーリーポイントが光る分野です。
大規模なプロジェクトの各作業項目のストーリーポイントを推定し、チームの平均速度 (特定の期間内にチームが通常完了するストーリーポイントの数) で割ることにより、かなり正確な予測を立てることができます。
たとえば、チームの平均速度が 1 週間あたり 40 ストーリーポイントで、新しいプロジェクトが 220 ストーリーポイントと推定されている場合、チームがこのプロジェクトのみに集中していると仮定すると、完了までに約 6 週間かかると予想できます。もちろん、予期せぬ遅延や「サプライズ」に備えてプラスアルファを追加することが賢明であるため、6 ~ 8 週間と見積もるほうが現実的かもしれません。
ストーリーポイントは、これらの大規模な見積もりを行うためのシンプルかつ効果的な方法を提供し、適切に機能するアジャイル環境におけるその価値をここでも強調します。
結論として、ストーリーポイントの推定は、私の Agile Coach ツールキットの中で最も影響力のあるツールの 1 つです。導入は簡単で直感的に使用でき、チームにとってはとても楽しいものです。さらに、透明性を高め、コミュニケーションを改善し、範囲に関する理解を調整し、より正確な予測を可能にする問題解決の強力な手段でもあります。チームと一緒に試してみてください。後悔はしないでしょう。