Blog JP
チームの健全性 リーダーシップ アジャイルコーチング

チームの健全性を改善する 7 つの簡単な方法

最初に、「チームの健全性」とは何かについて説明しましょう。それには多くの要因が関係していますが、一般的には、モチベーション、結束力、相乗効果、そして前向きな態度の組み合わせを指します。もし、あなたのチームが生産的でなく、人々が絶えず争っており、誰もが働いているプロジェクトに特に興奮している人が見える人がいない場合、何か問題があります。健康状態が悪い可能性のある理由は数多くありますが、Agile Apothecaryでは、病気を診断し、適切な解決策を特定するためのツール「チームバロメーター」を開発しました。このブログ投稿では、最初に衰退の原因となった理由に関係なく、チームの健全性を改善するのに役立ついくつかのツールを紹介したいと思います。

##1 振り返りを始める

もしまだ振り返りを行っていないなら、これだけでチームの健全性に著しい影響を与えることができます。実行はしているものの定期的に行っていない、または有意義な結果が得られていない場合は、アプローチを見直し、スタイルを調整する時期かもしれません。
良い振り返りでは、チームのプロセスの潜在的な改善点を特定し、行動項目を定義することに重点を置く必要があります。人々が意見を述べ、共有するためには絶対的な心理的安全が保証されるべきです。指を指したり、責めたり、恥をかかせたりする必要はありません。たとえボブが先週失敗したとしても、ここで議論すべきなのはボブの性格や行動ではなく、同じミスが繰り返されないようにプロセス、コミュニケーション、安全プロトコルをどのように調整できるかです。
振り返りは定期的に行うべきだということも言っておいたほうがいいでしょうか。 たとえチームメンバーが今日は話すことは何もないと言っていたとしても、それでも集まって、自分のやっていることをさらに良くする方法を考えてください。信じてください、改善の余地もあります。

##2 チームワークショップを実施する

振り返りとは別に、時々一歩下がって、チームと製品を異なる視点から見ることが重要です。当社のサイトでチームバロメーターを完了すると、バロメーターが特定したすべての問題についてチームとオープンな議論をするために設計されたチームバロメーターワークショップを実施するガイドを入手できます。
また、私はAtlassianのチームヘルスモニターも非常に気に入っています。インターネット上でさまざまなチームワークショップを見つけることができるはずです。ここでの考え方は、優先順位付け、製品品質、日常のプロセスなど、いくつかの異なる角度からチームを見ることにより、ベストプラクティスに従っていることを確認し、継続的に改善していることを確認することです。
ワークショップは、チームを集めて、日ごろ話すことのできないトピックについて話し合う楽しい方法でもあります。 これを使用して、人々を会話に参加させ、新しいアイデアをもたらすよう促します。 健全なチームでは、誰もが参加し、貢献し、コミュニティの貴重なメンバーであると感じます。

##3 チームの規範について話し合う

全てのチームは、フォーミング、ストーミング、ノーミング、パフォーマンスの段階を経ますが(タックマンモデルを参照)、時にはストーミングやノーミングの段階に固執してしまうことがあります。これは、チームメンバーが頻繁に変わるか、あまりコミュニケーションをとらず、サイロで作業している場合によく起こります。もちろん、最善の方法は、チームメンバーを集めて、チーム構造をしばらく変更せずに、徐々に実行段階に移行させることです。しかし、頻繁な変更が行われる場合、必ずしもそれが選択肢とならない場合もあります。人々は、誰もがお互いに話をしない不健全なチームに長く留まりたくありませんので、出入りを繰り返します。
集まってチームの規範についてブレインストーミングを行います。チームの他の全員に守ってもらいたい (そして自分自身も喜んで守りたい) ルールは何ですか? 目標は、厳格な官僚組織を作ることではなく、むしろ人々がお互いにもっと快適に働けるようにすることです。 「午後5時以降は電話禁止」「ヘッドフォンをしているときは仕事に集中しているので話しかけないでください」といったルールが考えられます。 コード展開プロトコルやコーヒーマグの取り扱い、毎日の立ち仕事のルール、在宅勤務の取り決めなどに関するルールを設けることができます。 ルールは固定されたものではありません。ルールが役に立たなくなった場合はいつでも戻って見直すことができます。 しかし、少なくともあなたのチームには特定のガードレールと構造が整備されており、それは新しいメンバーを迅速に受け入れ、継続的な「フォーミング、ストーミング、ノーミング」のループから抜け出すのにも役立ちます。

##4 デイリースタンドアップの方法を変える

現在の実施方法(またはそもそも実施しているかどうか)によりますが、改善の余地があるかもしれません。
日々のスタンドアップは、チームメンバーが貴重な情報を共有し、毎日の優先事項について話し合ったり、行き詰まった場合にお互いに助け合ったりするための場所です。 ここは、完了した作業を報告したり、デモを行ったり、Jira ボードでチケットを移動したりする場所ではありません。 良好なスタンドアップでは、全員が熱心に取り組み、お互いの意見に耳を傾け、関連する情報のみを共有します。 ステータスの更新をスキップします。全員が昨日生産的であったかどうか、また今日も生産的になる予定があるかどうかは確認しません。 むしろ、昨日起こったことが今日の決定や優先事項に影響を与えるかどうか、そしてチームの誰かが助けを必要としているかどうかを知りたいのです。
リモートスタンドアップは特に難しいです。これについては別のブログ投稿があるので、チェックしてください。

##5 適切なツールを確保する

まず最初に一つ明確にしておきたいのは、どのツールもチームのプロセスの問題を解決するわけではないということです。Jira、Slack、Teamsに全ての魔法を依存しないでください。しかし同時に、適切なツールがなく、代替手段や回避策を使用することは、チームにとってモチベーションのかなりの低下を招く可能性があります。その場合の最善の方法は、振り返りとチームメンバーとの1対1の会話を行うことにより理解することです。
もちろん、ツールは業界によって異なるため、何が必要かはあなたがよく知っているかもしれません。 私のキャリアを通じて、データ分析、バックログ管理、さらには Web デザインなど、ほぼあらゆる種類の作業が PowerPoint で行われているのを見てきました (冗談ではありません。それはグローバル企業での話でした)。 ppt では多くのことを実行できると思いますが、実行しているタスクに特化した、より堅牢で高度なツールがあるのに、なぜ苦労する必要があるのでしょうか?
どのチームにも間違いなくお勧めできるツールは、Jira、Slack、Zoom、Miro です。 そこから始めて、他に何が必要か見てみましょう。

##6 利害関係者を巻き込む

健康状態の悪化は、利害関係者からの過度な作業負荷や無秩序な要求によって引き起こされることがよくあります。利害関係者がクライアント、リーダーシップ、または会社内の他のチーム、どの場合であっても彼らとオープンで率直な関係を築き、彼らとチームの間につながりを築くことは常に良い考えです。
状況に応じて、製品デモンストレーションに招待したり、製品計画に参加したり、ロードマップを共有したり、フィードバックを取得したりできる場合があります。 関係者にとって、チームが最高の結果をもたらすことに全力で取り組んでいる一方で、優先順位が付けられた大規模な未処理作業にも対処しており、一夜にしてすべてを成し遂げることはできないことを理解することが重要です。 一方でチームが、利害関係者が製品に興奮し次の繰り返しを待っている本物の人間である、と理解することが重要です。

##7 成功と失敗を祝う

チームの精神を高めるためには、時々、成果と重要なマイルストーンを祝うことが重要です。ハードワークは報われるべきであり、祝賀イベントはチームを一つにまとめるのに役立ちます。しかし、失敗を祝うことも同様に重要です。期待された結果をもたらさなかった実験、成功しなかった発売、顧客を引き付けられなかった新機能などです。それが起こったとき、短期的にはビジネスに大きな影響を与えるわけではありませんが、それが起こったという事実は、チームが大胆な一歩を踏み出し、新しいことに挑戦し、貴重な教訓を学んだことを意味します。このような失敗を祝うことは、チーム内の心理的安全を改善し、さらなる探求、実験、イノベーションを促進するのに役立ちます。